堕天使(だてんし)アスモディウス/Darklord Asmodeus》

効果モンスター
星8/闇属性/天使族/攻3000/守2500
このカードはデッキまたは墓地からの特殊召喚はできない。
1ターンに1度、自分のデッキから天使族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。
自分フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分フィールド上に「アスモトークン」(天使族・闇・星5・攻1800/守1300)1体と、
「ディウストークン」(天使族・闇・星3・攻/守1200)1体を特殊召喚する。
「アスモトークン」はカードの効果では破壊されない。
「ディウストークン」は戦闘では破壊されない。

 Vジャンプ(2009年4月号) 付属カードで登場した闇属性天使族最上級モンスター
 天使族デッキから墓地へ送る効果破壊されて墓地へ送られた時にアスモトークンディウストークン特殊召喚する効果を持つ。

 墓地を肥やす効果は、《アテナ》《大天使クリスティア》と相性が良い。
 しかし、《大天使クリスティア》がいるとトークン特殊召喚できず、2つ目の効果の意味がなくなる。
 それでも2体の高攻撃力モンスターが並ぶと相手は厳しい展開になるので、あまり気にしなくても良い。

 闇属性なので闇属性天使族で固めて、《終末の騎士》のように運用するのもありだろう。
 墓地へ送る候補としては《ゼータ・レティキュラント》《堕天使スペルビア》が筆頭か。
 その場合、変わった使い方では《ダーク・アームド・ドラゴン》の採用も検討できる。
 《ダーク・パーシアス》《ダーク・クリエイター》との相性もよく、闇属性天使族墓地を肥やし墓地の《堕天使アスモディウス》を除外コストにすれば無駄がない。
 もちろん光属性墓地へ送ることができるので《カオス・ソーサラー》も難なく使用できる。
 天使族墓地へ送るという性質上、種族統一デッキなら《一族の結束》とも相性がよく、自身とトークン強化に繋がる。

 フィールドから破壊され墓地へ送られた時に2種類のトークン特殊召喚する効果を持つ。
 2種類のトークンはそれぞれに別の破壊耐性があるので、1度では破壊されづらいのが特徴。
 リリースの素材にもシンクロ素材にも制限がないので、召喚サポートの際には地味に役立つ。
 ただし2体とも守備表示のときに《レッド・デーモンズ・ドラゴン》アスモトークン攻撃されると、2体とも破壊されてしまう。
 場持ちのよさが災いして、《神の居城−ヴァルハラ》の邪魔になることもある。
 1体だけリリースしてアドバンス召喚するのであれば、同じ闇属性天使族《堕天使ディザイア》《堕天使ゼラート》や、《光神機−轟龍》妥協召喚がいいだろう。
 かわった使い方としてアスモトークン《団結の力》を装備させると、ディウストークンフィールドに居れば攻撃力3400の破壊耐性もちアタッカーとして活躍できる。
 また、《暴走闘君》を使うことでアスモトークン攻撃表示のときは破壊されない攻撃力2800のアタッカーとして存在することができる。

 自身の攻撃力が高く、また墓地効果発動するため《スキルドレイン》と相性が良い。
 勘違いしがちだが、トークンはすべて通常モンスター扱いのため2種のトークン耐性は失われず、トークン自身も《スキルドレイン》と好相性と言える。
 ただし、《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》を出されるとデッキから天使族モンスター墓地へ送ることもトークン特殊召喚もできなくなってしまう。

 デッキ墓地からの特殊召喚が制限されている為、天使族の定番である《光神化》からの《地獄の暴走召喚》《アテナ》による再利用は封じられている。
 しかし、手札除外からの特殊召喚は可能なので、天使族専用のサポートカードである《神の居城−ヴァルハラ》《奇跡の光臨》による特殊召喚は問題なく行える。
 《奇跡の光臨》《闇次元の解放》使用する場合は、《闇の誘惑》等との相性が非常に良い。

 相手ターンエンドフェイズ《光神化》特殊召喚すれば、トークンを2体もフィールドに残せるので、そこからアドバンス召喚シンクロ召喚に繋げる事ができる。
 《奇跡の光臨》帰還させれば、《奇跡の光臨》破壊されてもトークン特殊召喚できるので大きなアドバンテージを得ることができる。
 ただし元々の攻撃力が3000という高い数値のため、《光神化》特殊召喚した場合でも《奈落の落とし穴》の射程圏内に入ってしまうのが痛い。
 幸い、これらのカードフリーチェーンなのでチェーン2以降に発動して相手タイミングを逃させることもできる。
 《ジェネレーション・チェンジ》を使い、《次元幽閉》《奈落の落とし穴》を回避しつつ確実に効果を使い、後続をサーチすることもできる。

  • カード名の由来は、ユダヤ教とキリスト教の悪魔の1体である「アスモデウス(Asmodeus)」だろう。
    キリスト教では七つの大罪のひとつ「色欲」を司る大悪魔で、堕天する前は智天使だったとされる。
    「ゲーティア」においては、ソロモン72柱に属する魔神の一柱で、72の軍団を率いる序列32番の大いなる王と記されている。
  • 犬☆遊☆戯で行こうでは始めから二人組で《堕天使 明日もディウス》だった。

関連カード

―堕天使

収録パック等

FAQ

Q:このカード裏側表示のまま破壊され墓地へ送られた場合でもトークン特殊召喚する効果発動しますか?
A:はい、発動します。(09/07/01)

広告