大地(だいち)騎士(きし)ガイアナイト/Gaia Knight, the Force of Earth》

シンクロモンスター
星6/地属性/戦士族/攻2600/守 800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

 STARTER DECK(2008)で登場した地属性戦士族シンクロモンスター
 モンスター効果を持たない数少ないシンクロモンスターの1体であり、《地天の騎士ガイアドレイク》融合素材

 効果は無いがシンクロ素材縛りを持たないレベルシンクロモンスターでは元々の攻撃力が一番高い。
 しかし、同じ縛りを持たないレベル6にはモンスター効果により3200打点まで戦闘破壊できる《BF−星影のノートゥング》が存在しており、元々の攻撃力も200しか違わないため、打点目的では優先しづらい。
 他にも攻撃力が100しか違わない《甲化鎧骨格》除去効果を持つ《獣神ヴァルカン》《超念導体ビヒーマス》も存在し、エクストラデッキの枠も考えればこちらを優先する価値は非常に低い。

 戦士族シンクロモンスターであり、【不死武士シンクロ】での採用が検討できる。
 また、《H−C エクスカリバー》《機甲忍者ブレード・ハート》などを採用する【戦士族】の場合はレベルが4に集中するため、《トラパート》レベルを合わせやすい。
 ただ、同レベル戦士族には、このカード以上の攻撃力も見込める《グラヴィティ・ウォリアー》も存在し、枠も厳しい場合が多いため採用はよく検討したい。

 このカードならではの利点としては、効果がないため《デモンズ・チェーン》《一回休み》等を回避したり、《ダイガスタ・エメラル》蘇生できたりする利点がある。
 効果を持たないがゆえにインフェルノイドモンスター特殊召喚条件における「レベルランクの合計」にカウントされないという点を活かす手がある。
 【インフェルノイド】ならばレベルを合わせてシンクロ召喚しやすいため、優先的に採用して損のないカードである。
 また、《地天の騎士ガイアドレイク》の正規融合素材であり、同時に「効果モンスター以外のシンクロモンスター」でもあるため、どちらの融合素材にもなれる。

 シンクロモンスターエクシーズモンスターの違いはあるが、同じ用途のモンスターとして《ジェムナイト・パール》が挙げられる。
 あちらは《ヴェルズ・オピオン》を突破できる点で評価が高いのに対し、こちらはその《ヴェルズ・オピオン》がいるとシンクロ召喚すらできないのが難点。
 また、守備力が非常に低いので、表示形式変更への弱さもマイナス点となってしまう。
 デッキタイプや環境にもよるため一概に比べられる訳ではないが、シンクロ召喚を主体とするデッキであっても、上記のような除去を行えるカードと競合が激しくなるのは否めない。
 もっとも【インフェルノイド】のようにシンクロ召喚をしやすいデッキや素材を送れる事が重要なデッキもあるので、一定のデッキでは逆に重要な存在にもなりうることは確かである。

  • 「ガイア(Gaia)」については《ガイアパワー》を参照。
    「大地の騎士」というのも納得できる。
  • カード名は「騎士」と「ナイト」が被っているためか、英語名は「大地の力 ガイアナイト」になっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「遊星vsアキ」(2戦目)において遊星が使用した罠カード《シンクロ・ヘイロー》のイラストに描かれている。
    また、65話の牛尾の説明にてライディングデュエルをしているDホイーラーが使用しているのが確認できる。

関連カード

―《大地の騎士ガイアナイト》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:通常モンスターとして扱いますか?
A:通常モンスターではありません。また、効果モンスターとしても扱いません。(08/03/16)


Tag: 《大地の騎士ガイアナイト》 シンクロモンスター モンスター 星6 地属性 戦士族 攻2600 守800

広告