地征竜(ちせいりゅう)−リアクタン/Reactan, Dragon Ruler of Pebbles》

効果モンスター
星4/地属性/ドラゴン族/攻1800/守1200
ドラゴン族または地属性のモンスター1体と
このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「巌征竜−レドックス」1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
「地征竜−リアクタン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 スペシャルカードプレゼントキャンペーンで登場した地属性ドラゴン族下級モンスター
 自身と特定のモンスター手札から捨てる事で、攻撃を制限された《巌征竜−レドックス》デッキから特殊召喚する起動効果を持つ。

 【征竜】の圧倒的な強さに貢献したものの、登場後わずか半年あまりで禁止カードとなった下級征竜の1体。
 現在は無制限カードとなっているが、リクルート先の《巌征竜−レドックス》禁止カードのため、事実上バニラとなっている。

 高速で墓地を肥やして最上級征竜コストを確保しつつ、自身は最上級征竜1ターンに1度という制約を無視して展開できる効果を持っている。
 《封印の黄金櫃》《七星の宝刀》等によって最上級征竜除外するだけで容易にサーチでき、《超再生能力》トリガーとしても一級品の性能を持っており、その安定性は凄まじい。
 一見してディスアドバンテージに見えるコストも、上記の要素によってほとんど帳消しにできてしまうのである。
 欠点を挙げればこのカード1枚では機能しないことだが、コストの条件は「同属性ドラゴン族モンスター」と非常に緩く、同名カードでも構わないことから腐る事は殆どない。

 特殊召喚したモンスター攻撃できないまま手札に戻るが、エクシーズ素材シンクロ素材等に利用してしまえば問題はない。
 また《巌征竜−レドックス》攻撃力が低く守備力が3000と高いため、何らかの方法で処理できない場合もとして使用できる。
 手札に戻った場合でも、手札発動する自身の効果使用できるため、いずれにせよ不利益にはなりにくいのも強み。

  • 名前の由来は、「反応物質」を示す「Reactant」だろうか。
    英語名にある「Pebble」は、水の浸食で表面が滑らかになった丸い小石を指す。

関連カード

収録パック等


Tag: 《地征竜−リアクタン》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 ドラゴン族 攻1800 守1200

広告