置換融合(ちかんゆうごう)/Fusion Substitute》

通常魔法
このカードのカード名はルール上「融合」として扱う。
(1):自分フィールドから
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをエクストラデッキに戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 EXTRA PACK 2015で登場した通常魔法
 《融合》として扱う効果外テキスト自分フィールドモンスター融合素材として融合召喚を行う効果墓地融合モンスター1体をエクストラデッキ戻して1枚ドローする効果を持つ。

 ルール上《融合》として扱われるので、《沼地の魔神王》《E・HERO ブレイズマン》効果に対応している。
 同様に、《融合》と合わせて合計3枚までしかデッキに投入できない点にも気をつけたい。

 (1)の効果は、自分フィールド限定の《融合》
 《融合》と異なり、こちらは手札モンスター融合素材にできない。
 よって、このカードを使う場合は従来の【正規融合】とは異なり、サーチよりもフィールド上に融合素材を手早く揃えるための手段が重要となる。
 一例として、【E・HERO】《E−エマージェンシーコール》より《ヒーローアライブ》《E・HERO バブルマン》を優先するといった構築が求められる。

 特に「フィールドに存在する」という条件を満たしやすいカードを用いる場合は、《融合》以上の利用価値を見込める。
 相性の良いものとしては以下のような例が挙げられる。

  1. 手札よりもフィールド融合素材を揃えるべき《アルカナ ナイトジョーカー》《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》に用いる。
  2. トークン融合素材として《始祖竜ワイアーム》融合召喚する。
  3. 音響戦士《E・HERO プリズマー》などを使い、必要な種族属性カード名に変更して融合召喚する。
  4. フィールドに出す必要がある各種エクストラデッキモンスター融合素材にする。
  5. 一度に大量展開ができ、再利用が容易なペンデュラムモンスター融合素材にする。

 (2)の効果は、墓地にあるこのカード除外することで、墓地融合モンスター1体をサルベージしつつドローを行う効果
 コストなしで1枚のドローができ、アドバンテージになるだけでなく、融合モンスターエクストラデッキに戻して再び融合召喚を狙える。
 エクストラデッキは初期枚数15枚と制限されているため、1枚しか入れられない場合も多い。
 融合召喚以外の特殊召喚ができないカード融合召喚に成功した時に効果発動する融合モンスターなら、蘇生を組み込むよりもサルベージの方が再利用の意義が大きい。
 《E・HERO アブソルートZero》フィールド離れた時の効果を持っているので、何かしらで墓地へ送ればフィールドを空にしつつ再利用を狙える。
 同様に再利用できるカードには《貪欲な壺》《貪欲な瓶》もあるが、それらは必ず5枚のカード墓地に揃っている必要があり、このカードの方が小回りが利く。

 このカードの特性上、《龍の鏡》《ミラクルシンクロフュージョン》による墓地融合を併用するデッキとは相性が良い。
 エクストラデッキの採用枚数の都合で特定の融合モンスターを1枚しか採用できなかった場合でも複数回の融合召喚を狙える。
 サルベージの際に墓地のこのカード除外されてしまうデメリットも、他の融合召喚手段を用意することでカバーできる。
 特にシンクロモンスター融合素材とする場合は、このカード1枚で融合召喚サルベージに加えて「エクストラデッキ内の融合モンスター枠の圧縮」という複数の役割を見込むことができる。

 【ムーンライト】において《月光白兎》《月光虎》効果フィールドに素材モンスターを揃えやすいため採用が見込める。
 加えて《月光狼》の存在により毎ターン墓地融合を狙えるので、サルベージによってムーンライト融合モンスターを複数回融合召喚することができる。

 総じて癖の強いカードであり、採用する場合はこのカードを意識したデッキ構成が必要になる。
 しかし、使い方次第で複数の役割を果たせるため、使い手の構築力やプレイングが色濃く反映されやすいカードだろう。

  • 「Substitute」は「代用」を意味する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《置換融合》 魔法 通常魔法 融合 《融合》

広告