(ちょう)こいこい/Super Koi Koi》

通常魔法
「超こいこい」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、
その中の「花札衛」モンスターを可能な限り、召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは2になり、効果は無効化される。
残りのカードは裏側表示で除外し、自分は除外したカードの数×1000LPを失う。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
手札から「花札衛」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した通常魔法
 花札衛召喚条件を無視して特殊召喚する2種類の効果を持つ。

 (1)の効果デッキトップを3枚めくり、その中の花札衛特殊召喚する効果
 成功すれば1度に複数体の花札衛を並べることができるが、単体では運の要素が強く、最大で3000ものライフを失ってしまう。
 できれば《花積み》と併用してデッキトップを操作し、花札衛3体を確実にリクルートしたい。
 ただし【花札衛】メインデッキ花札衛の枚数を増やす構築が多く、2体以上花札衛特殊召喚できる可能性も低くはない。
 実戦ではライフロスのリスクを負っても運任せで発動する事もしばしば求められる。

 この効果特殊召喚された花札衛レベルが2に固定される。
 《花札衛−柳−》《花札衛−芒−》《花札衛−桐−》特殊召喚条件を満たせるが、リリースレベルを指定された花札衛特殊召喚モンスターリリースには使えない。
 効果無効となるので、シンクロ素材にするか、レベルが2に統一される点を活かしてランク2のエクシーズ召喚に繋げる形となる。
 また、一部の特殊召喚モンスター花札衛は2000と十分な打点を持っているため、場面によってはアタッカーに利用する手もある。

 (2)の効果は、手札花札衛召喚条件を無視して特殊召喚する効果
 《花札衛−柳に小野道風−》などのリリース先に制限のある花札衛特殊召喚モンスターをサポートするのが基本となる。
 こちらも《花積み》と相性が良く、あちらでサルベージした花札衛をそのまま特殊召喚できる。

 変わったところでは三幻神リリースをこのカード一枚で揃えることもできる。
 《カード・アドバンス》なら召喚権の確保もでき、デッキトップ操作でこのカードの補助もできる他、《真実の名》とも相性が良い。

  • 「こいこい」は、花札を使った遊戯の一つ。
    1対1で行い、場の札と手札もしくは山札の札を使って、同じ月の札を集め役の完成を目指していく。
  • アニメでは以下のテキストだった。
    (1):自分のデッキからカードを3枚ドローし、お互いに確認する。
    確認したカードによって以下の効果を適用する。
    ●「花札衛」モンスター:手札からそのモンスターを自分フィールドに召喚条件を無視して特殊召喚する。
    この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは2になり、攻撃力・守備力は0になる。
    ●「花札衛」モンスター以外のカード:手札からそのカードを墓地へ送り、
    自分はそのカードの数×1000ダメージを受ける。
  • シンジ曰く「奇跡のドロー」として徳松が人気を博したカードらしく、このカードドローする度に、本人やギャラリーが「こいこい、こいこい」という掛け声を入れる。
    10年前に試合に負けられない焦りからイカサマに手を染めて以来、徳松はこのカードドローできなくなり、ドロー運に頼らない戦術をとる様になってしまった。
    しかし遊矢とのデュエルで感化された事で再びドローに賭けた結果、見事このカードを引き当て自身の引きの強さが健在だった事を確信する。
    「柚子vs徳松」戦で発動後に「エンジョイ長次郎完全復活」と宣言した事からも、「エンジョイ長次郎」としての徳松を象徴するカードと言える。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《王宮の鉄壁》が存在する場合、発動できますか?
A:発動できません。
  なお《超こいこい》にチェーンして《王宮の鉄壁》発動された場合、《超こいこい》はカードをめくる処理など一切を行わず効果処理を終了します。(16/07/09)

(2)の効果について

Q:『「超こいこい」は1ターンに1枚しか発動できない。』と書かれていますが、ここには「1ターンに1度」ではなく、「1ターンに1枚」と書かれています。
  (1)の効果発動して墓地に送られた《超こいこい》はそのターン、「1ターンに1枚」の範囲内で墓地で(2)の効果発動できますか?
A:『「超こいこい」は1ターンに1枚しか発動できない』とは、手札セットしていた《超こいこい》を、魔法&罠ゾーン発動した時の枚数だけを指しています。
  よって、 (1)の効果発動し、墓地へ送られた《超こいこい》の (2)の効果発動は、『1枚』にならないため、続けて (2)の効果発動できます。 (17/02/15)


Tag: 《超こいこい》 魔法 通常魔法

広告