超魔導師(ちょうまどうし)−ブラック・マジシャンズ/The Dark Magicians》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2800/守2300
「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」+魔法使い族モンスター
(1):1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
そのドローしたカードが魔法・罠カードだった場合、自分フィールドにセットできる。
速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。
(2):このカードが破壊された場合に発動できる。
「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を1体ずつ
自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編6−で登場する闇属性魔法使い族融合モンスター
 魔法・罠カード発動した場合ドローし、魔法・罠カードならばセットできる効果破壊された場合に《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》を1体ずつ特殊召喚できる効果を持つ。

 融合素材【ブラック・マジシャン】ならば容易に調達できる。
 《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》いずれかに《ティマイオスの眼》を使用するのが最も容易な手段となる。
 デュエル中に自然と墓地に素材が揃うので、《円融魔術》等による墓地融合で消費を抑えることもできるが、除外は豊富な蘇生手段との兼ね合いには注意。
 その他、融合素材代用モンスター魔法使い族の組み合わせでもよく、《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》と使い分ける事も可能。

 (1)は魔法・罠カード発動トリガーとしたドロー
 どちらが発動しても良いので発動条件は容易く、維持できればドローソースにもなり得る。
 相手ターン中の能動的な発動が狙えるよう、速攻魔法罠カードを多めに採用しておくと都合がよい。
 【ブラック・マジシャン】は元々魔法・罠カードの割合が多く、デッキトップを操作できる《黒の魔導陣》があるので能動的な発動も狙いやすいだろう。
 ドローカード魔法・罠カードならばそのままセットでき、速攻魔法罠カードもそのターンでの発動が可能となるため、相手ターンに使用すれば制圧や妨害にも利用できる。

 (2)は破壊された場合の特殊召喚効果
 融合召喚の消費や除去によるディスアドバンテージを取り戻せるが、破壊以外の除去では発動できない。
 また、「1体ずつ」という条件なのでどちらもデッキに投入し、特殊召喚できる状態でなければならない。
 自分カードの効果破壊しても特殊召喚できるため、バトルフェイズ中に破壊して追撃を狙うことも考えられる。
 《デストラクト・ポーション》なら回復でき、破壊以外の除去チェーンすることでバウンス除外を回避しつつ発動することも可能。

 手軽なドローによりエンジンとなりうるが、あくまでこのカード自身は《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》としては扱わない。
 よって、このカードによってそれら専用の魔法・罠カードドローしても条件を満たせないため、注意が必要となる。
 上述のように自ら破壊し入れ替えることで条件を満たしたり、別のカードと併用し並べて運用するのが主な使い方となるだろう。
 特に《永遠の魂》と併用しこのカード《ブラック・マジシャン》を並べていた場合、《永遠の魂》破壊された際のリスクを軽減でき相性が良い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 魔法使い族 攻2800 守2300

広告