沈黙(ちんもく)魔導剣士(まどうけんし)−サイレント・パラディン/Silent Paladin》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 500/守1500
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「サイレント・ソードマン LV3」または
「サイレント・マジシャン LV4」1体を手札に加える。
(2):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
自分フィールドのモンスター1体のみを対象とする魔法カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
(3):フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
自分の墓地の光属性の「LV」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 Vジャンプ(2016年8月号) 付属カードで登場した光属性天使族下級モンスター
 召喚成功時に特定のモンスターサーチする効果自分フィールドモンスターを1体を対象に取る魔法カード発動無効にできる効果墓地LVモンスターサルベージできる効果を持つ。

 (1)の効果は、自身の召喚時に《サイレント・ソードマン LV3》《サイレント・マジシャン LV4》サーチする効果
 サーチ範囲が限定的である上に、通常召喚しないと効果発動しないため、低攻撃力を晒すことになり的にされやすい。
 LVモンスターの性質から手早くレベルアップさせたいが、このカード召喚権を消費しているためサーチしたモンスターの展開が遅れる。
 円滑なレベルアップを狙うのなら、《沈黙の剣士−サイレント・ソードマン》《沈黙の魔術師−サイレント・マジシャン》《シャインエンジェル》などでリクルートした方が手間が少ない。
 サーチに限ったとしても、《魔装戦士 ドラゴディウス》ならばどちらもサーチ可能であり、《サイレント・ソードマン LV3》《増援》から通常召喚できるため、このカード召喚権を割く理由が非常に薄い。

 (2)の効果は、自分のモンスター1体のみを対象とする魔法カード発動を一度だけ無効にする効果
 無効化の範囲は狭く、使用頻度の高い魔法カードによる除去は、対象にとらない効果や複数枚対象に取るカードが多く、罠カードモンスター効果には無力であり、自身が低ステータスフィールドに維持しにくく扱いにくい。
 そもそも、サイレント・ソードマンサイレント・マジシャンの方が優秀な魔法カード耐性無効効果を持っているため見劣りする。

 (3)の効果は、自身が戦闘または相手効果破壊された場合、光属性LVモンスターサルベージする効果
 サルベージ対象が光属性LVモンスターと限定的であり、サルベージ自体がフィールドに維持したいLVの性質と全く噛み合っていない上、数少ないサルベージ対象のうちサイレント・ソードマン系は《戦士の生還》にも対応している。
 大抵は蘇生からのレベルアップを狙うか、《ダイガスタ・エメラル》などでアドバンテージを確保しつつデッキ戻す方が良く、メインフェイズに能動的に発動できないこのカードを優先する必要性が薄い。
 このカード単体で見ても、(1)によって対象墓地ではなくまだ手札にある内に破壊される可能性も高く、2つの効果が噛み合っていない。

 (1)の効果と(3)の実質的な範囲から、このカードを採用するとすればサイレント・ソードマンサイレント・マジシャンを利用するデッキになるだろう。
 しかし、このカード召喚権を割く枠でより効率よく展開できる手段は非常に豊富で、かえって展開が遅くなる可能性が高い。
 サイレント・ソードマンサイレント・マジシャンサポートカードを行うのであれば、特殊召喚モンスターではあるものの直接リクルートが可能な《沈黙の剣士−サイレント・ソードマン》《沈黙の魔術師−サイレント・マジシャン》を使う方が良い。
 さらにその2体は戦士族魔法使い族リリースする必要があるが、このカード天使族なのでそのリリースにもならない。
 総合的に見て、このカードに枠を割くよりも、戦士族魔法使い族モンスターとそのサポートカードを優先した方が動きやすく、このカードを採用すると逆に事故の可能性を高めるだけである。
 サーチサルベージ効果を持つが、肝心のサーチサルベージ先の効果と相性が悪く、ハンド・アドバンテージを獲得できるように見えるが、手札コストに使える程度でありこのカードである必要が薄い。

関連カード

光属性LVモンスター

収録パック等


Tag: 《沈黙の魔導剣士−サイレント・パラディン》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 天使族 攻500 守1500

広告