転生炎獣(サラマングレイト)フェネック/Salamangreat Fennec》

効果モンスター
星3/炎属性/サイバース族/攻1600/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
EXデッキから特殊召喚された自分フィールドのサイバース族モンスターが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカードがリンク2以上のサイバース族リンクモンスターの
リンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「サラマングレイト」通常魔法カード1枚を手札に加える。

 DARK NEOSTORMで登場した炎属性サイバース族下級モンスター
 エクストラデッキから特殊召喚されたサイバース族破壊された場合に自身を特殊召喚する誘発効果リンク2以上のサイバース族リンクモンスターリンク素材となった場合にサラマングレイト通常魔法サーチする誘発効果を持つ。

 (1)は自己特殊召喚効果
 条件こそ受動的だがサイバース族リンクモンスターを始めとしたエクストラデッキからの特殊召喚が多いため、機会は訪れやすい。
 手札からの場合は奇襲性が高いので相手除去に対してのリカバリーとして働いてくれる。
 墓地からの場合は相手も理解して除去を撃つので(2)の効果からの保険としての動きがいいか。
 エクシーズ素材にすることでデメリットによる除外を防ぎつつ繰り返し効果の発動を狙える。
 効果発動条件を同じとする《サイバース・リマインダー》やこのカードリクルートでき、リンク素材とすることで双方の効果に繋げられる《転生炎獣ミラージュスタリオ》との相性がいい。

 (2)はリンク素材として墓地へ送られた際のサーチ効果
 リンク2以上という条件があるため《マイクロ・コーダー》などの効果を使わない場合は他のモンスターと並べることが必須となる。
 (1)の効果特殊召喚した場合は除外されるので「墓地へ送られた」という条件を満たせない点は注意したい。
 サーチ先の《転生炎獣の再起》アドバンテージの獲得に優れ、次の展開に活かしやすい。
 《サイバース・ウィッチ》《クロック・スパルトイ》リンク召喚した場合はそれぞれサーチしたカードからモンスター特殊召喚を狙える。
 《転生炎獣ミラージュスタリオ》リクルートしてリンク2をリンク召喚すれば効果に繋げることが出来る。
 《フュージョン・オブ・ファイア》ならばサラマングレイトリンクモンスターリンク素材にすることで相手リンクモンスター除去として使うことが可能。
 《フューリー・オブ・ファイア》デメリットこそあるが、リンク4のモンスターリンク召喚できる。

  • 「フェネック」は、キツネ属に属する動物の名前である。
    「フェネックギツネ」と呼称されることもある。
    イラストでは比較対象がないため分かり辛いが体長40cm程とイヌ科最少の動物で、砂漠に生息し穴掘りが得意である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《転生炎獣フェネック》 モンスター 効果モンスター 星3 炎属性 サイバース族 攻1600 守200 サラマングレイト

広告