転生炎獣(サラマングレイト)ベイルリンクス》

リンク・効果モンスター
リンク1/炎属性/サイバース族/攻 500
【リンクマーカー:下】
レベル4以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「転生炎獣の聖域」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの「サラマングレイト」カードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 ストラクチャーデッキ−ソウルバーナー− エクストラデッキ強化パックで登場した炎属性サイバース族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に《転生炎獣の聖域》サーチする誘発効果サラマングレイトカード破壊される代わりに墓地から自身を除外できるルール効果を持つ。

 (1)は《転生炎獣の聖域》サーチ効果
 《転生炎獣の聖域》は、リンク2以上のサラマングレイトリンクモンスター効果を十分に発揮するためにはほぼ不可欠のカードであるため、それをサーチできる意義は大きい。
 サーチ後にこのカードを含めた素材でサラマングレイトリンクモンスターリンク召喚すれば、(2)の効果破壊から守りつつ同名カードによるリンク召喚が狙える。

 (2)はサラマングレイトカード破壊に対する身代わり効果
 モンスター以外も守れるため、(1)でサーチした《転生炎獣の聖域》を守るのにも使用できる。
 ただし破壊以外の除去には無力なので過信は禁物。

 いずれも【サラマングレイト】では有用な効果であり、積極的に採用したい。
 なお、このモンスター自身は、他のサラマングレイトリンクモンスターが持つ同名カードを素材とするリンク召喚に関連する効果を持たず、効果1ターンに1度である。
 とはいえ、(1)の《転生炎獣の聖域》サーチも含め、リンク素材1つで『同名カードを素材とするリンク召喚を行ったサラマングレイト』を用意できる。
 《サラマングレイト・ギフト》《サラマングレイト・レイジ》などを使用する際には考慮に入れておくべきだろう。

 また、リンク素材の指定が非常に緩く、サラマングレイト以外の下級サイバース族の併用もしやすくなる。
 多くのサラマングレイトモンスターサーチできる《レディ・デバッガー》や、リンク素材後にそのまま自己再生できる《ドットスケーパー》などは特に相性が良い。
 反対にサラマングレイトを採用しない通常の【サイバース族】出張する運用も考えられ、レベル4以下のサイバース族をこのカードに変換する事で、《サイバネット・フュージョン》による《転生炎獣ヴァイオレットキマイラ》融合召喚を狙える。
 《超融合》《フュージョン・オブ・ファイア》を採用すれば相手リンクモンスター除去も可能。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《転生炎獣ベイルリンクス》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク1 炎属性 サイバース族 攻500 サラマングレイト

広告