転生炎獣(サラマングレイト)モル》

効果モンスター
星1/炎属性/サイバース族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分がリンクモンスターのリンク召喚に成功したターンの自分メインフェイズに発動できる。
手札のこのカードをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「サラマングレイト」カード5枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

 ストラクチャーデッキ−ソウルバーナー−で登場した炎属性サイバース族下級モンスター
 自分リンクモンスターリンク召喚したターン手札の自身をリンク先特殊召喚できる起動効果墓地サラマングレイト5枚をデッキ戻した後2枚ドローできる起動効果を持つ。

 (1)はリンク召喚に成功したターンリンク先手札から特殊召喚できる効果
 特殊召喚のタイミングがリンク召喚直後に限定されていないため特殊召喚のタイミングは比較的選びやすい。
 《転生炎獣サンライトウルフ》とは相性が良く、あちらのサルベージ効果トリガーになる。

 (2)は墓地サラマングレイト5枚をデッキ戻して2枚ドローする効果
 自分フィールドモンスターが存在しない場合という発動条件も踏まえると、劣勢でドローに賭けざるを得ない場面で使う事になるだろう。
 【サラマングレイト】墓地リソースを重視するデッキなので中盤以降ならばカードは溜まりやすい。
 ただ、ハンド・アドバンテージ2枚と墓地アドバンテージ6枚を天秤にかけた際にどちらが有用なのかは状況次第である。
 《転生炎獣の聖域》などでリンク召喚をすることによりエクストラデッキモンスター墓地に貯まりやすいので、再利用を兼ねてそれらを対象するのも良いか。

 基本的には【サラマングレイト】と相性が良いカードである。
 ただ、低ステータス故にサポートカードは豊富で、(1)の効果は汎用的なのでリンク召喚を中心とするデッキに投入しても良いだろう。

  • モチーフは「モグラ(英語でMole)」だろう。
  • テキストの詳細は確認できないものの、テキストの文章量からするとアニメでは(2)の効果はなかったものと思われる。
  • 特殊召喚の際には潜った地面から上半身を出すというモル(モグラ)らしい演出であった。

関連カード

収録パック等


Tag: 《転生炎獣モル》 効果モンスター モンスター 星1 炎属性 サイバース族 攻0 守0 サラマングレイト

広告