同胞(どうほう)(きずな)/Ties of the Brethren》

通常魔法
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):2000LPを払い、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体を
デッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

 MILLENNIUM BOX GOLD EDITIONで登場した通常魔法
 自分フィールド下級モンスター種族属性レベルが同じでカード名が異なるモンスター2種類をリクルートする効果を持つ。

 任意のモンスター2体をリクルートできるが、2000のライフコストに加え、発動後の特殊召喚発動ターンバトルフェイズを封じられるため、展開したモンスターで攻め込んだり、エクシーズ素材にしたりできない。
 またリクルートできるモンスター種族属性レベルが同じ必要があり、加えて同名カードは1体しか呼び出せないので、デッキ構築自体をある程度固めておく必要がある。
 特殊召喚したモンスター効果無効にならないので、それを利用してアドバンテージを稼いだり、下級モンスターだけで相手の行動を妨害する布陣を敷けるようなデッキで有効なカードと言える。
 指定するモンスターについては、レベル4以下であればモンスタートークン罠モンスターであってもかまわないため、条件を満たせるモンスターを精製できるカードを使う手も考えられる。
 罠モンスターの内、《量子猫》《鏡像のスワンプマン》なら属性種族を任意に変更できる。
 特殊召喚したモンスター《ワンダー・エクシーズ》で相手ターンエクシーズ素材に使うという手もある。

  • 以下、相性が良い主なデッキを挙げる。
  • イラストは原作・Rでは背景に線が大きく描かれていたが、アニメではなくなっている。
    OCGでは剣の真ん中に光が追加され、全体的に左に画が寄っている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《精霊術師 ドリアード》対象として発動した場合、効果の処理はどうなりますか?
A:特殊召喚するモンスターは、魔法使い族レベル3でカード名が異なるモンスター2体である必要がありますが、《精霊術師 ドリアード》の持つ属性のいずれか一つと同じモンスターを選ぶ事になります。
(例えば、魔法使い族炎属性レベル3のモンスター1体と、魔法使い族風属性レベル3のモンスター1体を選んで特殊召喚する事もできます。)(15/11/28)


Tag: 《同胞の絆》 魔法 通常魔法

広告