(にじ)天気模様(てんきもよう)/The Weather Rainbowed Canvas》

永続罠
(1):「虹の天気模様」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードと同じ縦列の自分のメインモンスターゾーン及びその両隣の自分のメインモンスターゾーンに存在する
「天気」効果モンスターは以下の効果を得る。
●相手フィールドにモンスターが存在する場合、このカードを除外して発動できる。
デッキから、このカードとカード名が異なる「天気」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はデッキからモンスターを特殊召喚できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 DARK NEOSTORMで登場した永続罠
 同名カードの存在を制限する効果、特定の天気効果モンスター自身を除外する事でカード名の異なる天気1体をリクルートする誘発即時効果を付与する効果を持つ。

 コストとして天気効果モンスター除外する必要があるが、天気効果モンスターは自己帰還効果を持つので、実質ノーコスト発動できる。
 効果発動後の制限共に、《雪の天気模様》リクルート版ともいえるカードである。
 こちらは罠カードではあるが、天気モンスター効果表側表示置くことができるのであまり問題にならない。

 《雪の天気模様》と同様、維持すれば自分相手ターンで1体ずつ天気効果モンスターが増えて行きアドバンテージを稼げる。
 こちらは天気モンスターを増やすため、魔法・罠カードで付与する効果が使いやすくなる。

 《雪の天気模様》と併せて維持すれば毎ターン1枚のサーチと1体のリクルートを行え、複数ターン効果を使えば《虹天気アルシエル》リンク召喚効果に必要な天気の用意も可能になる。

 効果の発動後はリクルートが行えなくなってしまう制約がある。
 ただ、天気カードリクルートを行うのはこのカードのみなので、純構築に近い【天気】ならば1ターンに1度の制限と同じように考えておいていいだろう。
 サクリファイス・エスケープに利用する場合の注意点は、似た制限を持つ《雪の天気模様》を参照。
 なお、帰還エクストラデッキからの特殊召喚は問題なくできる。
 また、この効果発動前ならリクルートは自由にできる。
 スタンバイフェイズ天気効果による特殊召喚《地獄の暴走召喚》を使い展開、その後にこの効果リクルートするという動きであれば支障はでない。

 また、フリーチェーン天気モンスター特殊召喚する効果としても使える。
 《雨天気ラズラ》特殊召喚すれば手札から別の「天気模様」を置け、相手ターンでも不意を打てる。
 相手魔法・罠除去チェーン《極天気ランブラ》リクルートすることで、天気魔法・罠カードを守るという使い方もできる。
 相手除去が最終的に墓地へ送るタイプのもので、墓地天気魔法・罠カードが存在しているなら、《曇天気スレット》リクルートするのもよいだろう。
 ただし、いずれも《トポロジック・トゥリスバエナ》のような対象を取らない除外には無力であり、過信は禁物。

 純構築に近い【天気】ならば制限は気にならないが、他のカテゴリと複合する場合はリクルートの制限が響く。
 例えば、【PSYフレーム天気】《PSYフレーム・ドライバー》デッキから特殊召喚できなくなるため、相性は良くない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《虹の天気模様》 永続罠 天気

広告