覇王城(はおうじょう)/Supreme King's Castle》

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分は「ダーク・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚できる融合モンスターを
「ダーク・フュージョン」の効果以外でも融合召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分の悪魔族モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、
デッキ・EXデッキから「E−HERO」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
墓地へ送ったモンスターのレベル×200アップする。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編5−で登場したフィールド魔法
 《ダーク・フュージョン》効果のみで特殊召喚できるモンスターを他の方法で融合召喚できるようにする効果ダメージ計算時E−HEROデッキエクストラデッキから墓地へ送ることで悪魔族強化する効果を持つ。

 (1)は《ダーク・フュージョン》でしか特殊召喚できないモンスターを他の方法でも融合召喚可能にする効果
 他の融合召喚手段でもE−HEROを出せる様になるものの、このカードが必要な分消費が増える。
 《E−HERO アダスター・ゴールド》で直接サーチはできるが、その点は《ダーク・フュージョン》《ダーク・コーリング》でも可能。
 これら2枚の時点で手札融合墓地融合ができるため、他の融合召喚を使用する場合、上記2枚にはないメリットを考慮して使用したい。

 《V・HERO ヴァイオン》《E・HERO シャドー・ミスト》墓地へ送ることで《融合》《E−HERO アダスター・ゴールド》を揃えられるので効果適用してE−HERO融合召喚したり、別の融合召喚を行うといったその使い分けも狙える。
 《V・HERO ヴァイオン》《E−HERO シニスター・ネクロム》墓地に置いてE−HEROリクルートするといった運用も可能。
 ただし、《V・HERO ヴァイオン》E−HERO融合素材にならない点は考慮しておきたい。
 リンク先がある場合、このカードではなく《ダーク・コーリング》サーチして《融合》墓地に送った融合素材を再利用し融合モンスター2体を並べることも可能。

 速攻魔法罠カード融合召喚手段で、《E−HERO マリシャス・デビル》相手バトルフェイズ中に融合召喚し、攻撃を強制することは狙える。
 これを狙う場合、アドバンテージを失わない《死魂融合》が良いだろう。

 (2)はダメージ計算時悪魔族強化墓地肥やし
 強化値はレベルに依存し、エクストラデッキからでも墓地に送れるため、大幅な強化を見込める。
 強化の最大値はレベル8を墓地へ送った場合の1600となり、墓地効果を発揮する《E−HERO シニスター・ネクロム》でも1000、《E−HERO ヘル・ブラット》以外なら800以上の強化を得られる。
 攻撃力3500の《E−HERO マリシャス・デビル》墓地に送れば、高攻撃力《E−HERO ダーク・ガイア》にも繋げやすい。
 強化はターン終了時まで続くため、2回攻撃を付与できる《E−HERO ヘル・ゲイナー》との相性にも優れる。

 E−HERO融合モンスターでは、攻撃力の低さが課題だった《E−HERO インフェルノ・ウィング》《E−HERO ワイルド・サイクロン》の補助にも使える。
 融合召喚できないものを(2)の強化のためにエクストラデッキから墓地へ送ることで戦闘補助としては機能する。

 悪魔族強化できるため、エクストラデッキレベルE−HERO融合モンスターを投入して他の【悪魔族】で使うことも考えられる。

  • 原作・アニメにおいて―
    「覇王城」とは、アニメGXにおいてE−HEROを使用する覇王十代の居城である。
    最上階に覇王十代、内部に幹部達が控え、城下には覇王軍のモンスター達が集うという構図になっている。
    最初は怒りに燃えるジムがオブライエンと共に正面から乗り込み、城門前で覇王十代とデュエルを行った。
    その後オブライエン、エド、ヘルカイザー亮の3人が覇王軍の軍勢が出払った隙を突いて空から潜入し、オブライエンが最上階で覇王十代に決戦を挑んだ。

関連カード

―《覇王城》が見られるカード

収録パック等


Tag: 《覇王城》 魔法 フィールド魔法

広告