墓守(はかもり)召喚師(しょうかんし)/Gravekeeper's Recruiter》

効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1200/守1500
このカードが自分フィールド上から墓地へ送られた時、
自分のデッキから守備力1500以下の
「墓守の」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

 EXTRA PACK Volume 4で登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 墓守の一体であり、墓地へ送られた時に墓守サーチする誘発効果を持つ。

 墓守限定ではあるが、禁止カード《黒き森のウィッチ》と同等の緩い発動条件と広いサーチ範囲を持つ。
 ステータスこそ低いがそれゆえに《墓守の偵察者》《キラー・トマト》によるリクルート、自身によるサーチに対応する。
 自身が墓地へ送られた時に発動する効果なので、当然ながら《王家の眠る谷−ネクロバレー》では効果が阻害されない。
 対象はモンスター限定だが、《墓守の司令官》サーチできるので、間接的に《王家の眠る谷−ネクロバレー》サーチできる。
 墓地へ送る手段を問わず強制発動するので、《墓守の大神官》《墓守の長》アドバンス召喚《墓守の大筒持ち》《墓守の末裔》《ディメンション・マジック》コストによるリリースシンクロ召喚などによって墓地に送られてもタイミングを逃さない
 このため、これらのカードディスアドバンテージを即座に回復できる。

 これらの点から、【墓守】では大変有用なカードといえる。
 ただし、主力となる《墓守の偵察者》《墓守の番兵》、切り札となる《墓守の大神官》は範囲外である。
 《墓守の大神官》《マジシャンズ・サークル》リクルートできるため、そちらも併用できれば有用。

  • カード名に「召喚師」、英語名には「リクルーター(recruiter)」とあるが、自身の効果はどちらかと言うとサーチャーである。
    元々「召喚」は「人を召集する」、「recruiter」は「人員の補充をする人」という意味なので、そうした本来の意味でのネーミングかも知れない。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作に登場する、墓守の一族イシュタール家に仕える男リシドは、顔に刺青の入ったスキンヘッドの墓守という、このカードと共通の特徴を持つキャラクターである。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは見た目通り(?)にリシドが使用。
    アニメに一切登場していないが、専用ボイスも用意されている。
    EXTRA PACK Volume 4が発売される前から実装されており、《墓守の召喚師》という日本名はここで初めて判明した。
    日本未発売カードDUEL TERMINALに登場するのはこれが初である。
  • 攻撃の際には背後に石板を出現させ、そこから霊魂を召喚して攻撃させる。
    「召喚師」というカード名と、原作の「記憶編」の描写を上手くマッチさせた描写と言えるだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《墓守の召喚師》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 魔法使い族 攻1200 守1500 墓守

広告