墓守(はかもり)末裔(まつえい)/Gravekeeper's Descendant》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1200
このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する
「墓守の」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 墓守の一体であり、相手フィールドのカード破壊する起動効果を持つ。

 自身はリリースできないが、カードの種類を問わず除去できる上に、回数制限も無い。
 《墓守の偵察者》リクルートもでき、その後自身の効果《墓守の偵察者》リリースできれば理想的。
 やや低いステータス《王家の眠る谷−ネクロバレー》で補えるので、【墓守】では万能除去カードとして機能する。

 しかし、あくまで1:1交換に過ぎないため、特に魔法・罠除去を狙ってもチェーンされるとモンスターの消費が痛い。
 リリース対象を《墓守の召喚師》にできればアドバンテージを得られるので、積極的に狙って行きたい。
 また、このカード単体ではバニラ同然であり、効果を使うには展開サポートが不可欠。
 《墓守の偵察者》以外では、《墓守の長》《降霊の儀式》を使うと墓守モンスターを並べやすいが、乱発するのは危険である。

  • 末裔とは、その血筋・名籍を伝える何代もあとの人物のこと。
    このカードが手に持っている杖は《墓守の大神官》が持っている物と同じである。
    その容姿・服装からも、墓守の一族の子孫にあたる存在ということが垣間見える。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作に登場したマリクやイシズの家である「イシュタール家」が、まさに「墓守の末裔」である。
    • アニメZEXALでは凌牙の回想シーンにおいて、対戦相手IV(フォー)デッキに投入されていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではリシドが使用。
    アニメに一切登場していないが、専用ボイスが用意されている。
    攻撃時には、足で蹴り上げる動作を行う。

関連カード

―《墓守の末裔》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?対象を取りますか?
A:対象を取る起動効果です。(10/07/12)


Tag: 《墓守の末裔》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1500 守1200 墓守

広告