魔宮(まきゅう)賄賂(わいろ)/Dark Bribe》

カウンター罠
(1):相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
相手はデッキから1枚ドローする。

 遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE2 付属カードで登場したカウンター罠
 魔法・罠カード発動無効にして破壊した後、相手ドローさせる効果を持つ。

 発動無効にするカウンター罠の中でも、魔法・罠カードの両方を無効化できるのは優秀。
 他の類似カード手札コストライフコスト等の代償を伴うものが多く、状況に左右されず発動できるのも良い。

 しかし、相手カードを1枚ドローさせるため、基本的にはディスアドバンテージとなる。
 このカード相手ターン発動することが多いので、相手ドローしたカードをその場ですぐ使うことができてしまう。
 このカード相手の展開を妨害しても、ドローされた新たなカードで展開されてしまうようでは意味が無い。
 そのため、汎用性の高さの割に無効化するカードを慎重に選ぶ必要があり、扱いは意外と難しい。
 《死者蘇生》のようなデュエル中に二度ドローされることのない強力な制限カードに打ちたいところ。

 そうはいっても、うまく狙い通りのカード無効にできず、結局このカード1枚分だけ損した格好で終わることもままある。
 このカード汎用性は高いが普通のデッキで採用されることはあまりなく、いくつかの相性の良いデッキで採用候補となる。
 例えば、カウンター罠であることを活かして、【パーミッション】では採用される。
 【コスモロック】【トランス】のような堅牢なロックデッキでも、多くのカードを封殺できるためデメリットの影響が少なく採用できる。
 また、何が何でも通したいカードがあるコンボ系のデッキでも、コンボを決めれば大きなアドバンテージが得られるため、妨害対策として採用されることもある。
 破壊を伴わない《コズミック・サイクロン》等がマストカウンター対象となるデッキでも、3枚積み可能な有力防御カードとなるだろう。
 やや扱いにくいカードとはいえ汎用性は高く腐ることは少ないため、それ以外でもデッキとの相性が良いと感じたら採用していいだろう。

  • 賄賂を渡している男が着ている服の紋所が「悪」になっており、賄賂の不正さを演出している。
  • アニメZEXALでは、国立カケルのサッカーボールやチャーリーに飛ばされる場面など、細かな演出の場面で多々登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではかんたんモードの牛尾が使用。
    アニメでも特に使用していないが、やはりブラックジョークだろうか。
    また、当時OCG化されていなかった《ギャクタン》の代わりだと思われる。

関連カード

―《魔宮の賄賂》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:破壊ドローは同時扱いですか?
A:はい、同時扱いです。(07/02/09)

Q:相手デッキが0枚のときに発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(07/09/27)

Q:ドローのタイミングはいつですか?
A:このカードチェーンブロックを組んだ後のこのカード効果解決時です。
  例えば「1:《地砕き》」「2:《破壊輪》」「3:《魔宮の賄賂》」とチェーンが積まれたとします。
  この場合「3:《破壊輪》無効にし破壊、1枚ドロー」「2:処理なし」「1:モンスター破壊」と処理を行います。(07/09/27)

Q:「チェーン1:《地砕き》」「チェーン2:《魔宮の賄賂》」とチェーンを積みました。
  この場合、《地砕き》発動効果無効ということは「ドローで一連のチェーン処理が終わる」形になりセットされた《便乗》表側表示発動することはできますか?
A:はい。「チェーン1の《地砕き》」が無効になり、最後の効果処理がドローであるため、セットされた《便乗》表側表示発動することができます。(07/12/17)


Tag: 《魔宮の賄賂》 カウンター罠

広告