魔宮(まきゅう)賄賂(わいろ)/Dark Bribe》

カウンター罠
相手の魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。
相手はデッキからカードを1枚ドローする。

 遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE2 付属カードで登場したカウンター罠
 魔法・罠カードのを無効にして破壊した後、相手ドローさせる効果を持つ。

 発動無効にするカウンター罠の中でも、魔法・罠カードの両方を無効化できるのは優秀。
 他の類似カード手札コストライフコスト等の代償を伴うものが多く、状況に左右されず発動できるのも良い。

 しかし、相手カードを1枚ドローさせるため、使用すれば相手に1枚分のカード・アドバンテージを与えるのには注意が必要。
 基本的にはディスアドバンテージとなるカードであり、デュエル中は無効化するカードも慎重に選ばなければならない。
 相手の攻勢時に手札を与えるのは致命傷にもなりやすく、扱いは意外と難しい。
 デュエル中に二度ドローされることのない制限カード無効にする主なカードになるだろう。

  • 賄賂を渡している男が着ている服の紋所が「悪」になっており、賄賂の不正さを演出している。
  • アニメZEXALでは、国立カケルのサッカーボールやチャーリーに飛ばされる場面など、細かな演出の場面で多々登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではかんたんモードの牛尾が使用。
    アニメでも特に使用していないが、やはりブラックジョークだろうか。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:破壊ドローは同時扱いですか?
A:はい、同時扱いです。(07/02/09)

Q:相手デッキが0枚のときに発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(07/09/27)

Q:ドローのタイミングはいつですか?
A:このカードチェーンブロックを組んだ後のこのカード効果解決時です。
  例えば「1:《地砕き》」「2:《破壊輪》」「3:《魔宮の賄賂》」とチェーンが積まれたとします。
  この場合「3:《破壊輪》無効にし破壊、1枚ドロー」「2:処理なし」「1:モンスター破壊」と処理を行います。(07/09/27)

Q:「チェーン1:《地砕き》」「チェーン2:《魔宮の賄賂》」とチェーンを積みました。
  この場合、《地砕き》発動効果無効ということは「ドローで一連のチェーン処理が終わる」形になりセットされた《便乗》表側表示発動することはできますか?
A:はい。「チェーン1の《地砕き》」が無効になり、最後の効果処理がドローであるため、セットされた《便乗》表側表示発動することができます。(07/12/17)


Tag: 《魔宮の賄賂》 カウンター罠

広告