魔鍾洞(ましょうどう)

フィールド魔法
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
相手はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。
(2):自分フィールドのモンスターの数が相手フィールドのモンスターより多い場合、
自分はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。
(3):自分・相手のエンドフェイズに、お互いのフィールドのモンスターの数が同じ場合に発動する。
このカードを破壊する。

 DARK NEOSTORMで登場したフィールド魔法
 相手よりも多くのモンスターフィールドにいるプレイヤーモンスター効果の発動及び攻撃宣言を封じる効果お互いフィールドモンスターが同数の場合にエンドフェイズ自壊する効果を持つ。

 (1)(2)は自分相手の内、モンスターの数が多いプレイヤーに制限を与える効果
 攻撃宣言モンスター効果の発動が制限されるため、大量展開からの攻撃はしにくくなり、展開、除去なども困難になる。
 大量展開による制圧1ターンキルに対しては強い抑止力となる。
 《メタバース》相手ターン中に発動し、制限をかけてもいい。

 自分にも制約がかかるため、なるべくモンスターの数が少ない状態になる様に、単体で高い制圧力を持つ物や、【閃刀姫】の様に少数精鋭で戦うデッキで使う様にしたい。
 モンスターを元々積極的に活用しない非ビートダウン系列のデッキならば自分への影響は軽微であり、相手の展開を牽制できるので相性が良い。
 特に相手先攻ターン目にモンスターを出した場合、こちらが一切モンスターを出さなければ魔法・罠カード除去されない限り永続的にロックがかかり続ける。
 ただしこのカードの発動そのものを無効化、または発動チェーンして除去できる効果を持つモンスターは苦手。

 ただ、リンクモンスターの素材にする事でモンスターの数は減らし易い。
 同数になれば制約はなくなる上、(3)の効果エンドフェイズ自壊して制限が解除されるため、モンスターの数を増減させるフリーチェーンカードを何かしら併用したい。
 具体的には相手モンスターを増やす《おジャマトリオ》や、自分で一時的にフィールドを離れる《ゼンマイラビット》などが候補となる。
 なお、お互いフィールドモンスターが0体の場合でも同数と見なされて破壊される事は意識しておきたい。

 特殊召喚を制限するカードを用いてリンク召喚などを封じれば、相手モンスターを減らしにくくなりロックの強度は高まる。
 特殊召喚を封殺してお互いの展開力を鈍らせる【メタビート】系列のデッキでも検討できるが、相手が展開する前に特殊召喚を制限するとモンスター1体ずつとなりやすいため(3)で自壊しやすいのが難点。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《魔鍾洞》 魔法 フィールド魔法

広告