魔筒覗(まづつし)ベイオネーター/Bayonater, the Baneful Barrel》

効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 500/守   0
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は相手フィールドのモンスターの数×1000ダウンする。

 CHAOS IMPACTで登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 相手モンスター1体の攻撃力相手モンスターの数に比例して弱体化させる起動効果を持つ。

 弱体化の数値は最低でも1000あり、大量展開が珍しくない昨今の環境では3000以上の弱体化を狙うことも難しくない。
 また、ターン終了時以降も弱体化は持続するため、一度効果を通してしまえば大型モンスターであろうと戦闘においては無力化させられる場合も多いだろう。
 自身も守備力0のアンデット族と恵まれたステータスを持っているため、蘇生から使いまわして何度も発動できれば相手の戦線を崩すことができる。
 効果使用後は《リンクリボー》の素材とすれば返しのターンの防御策にもなる。
 《金華猫》で繰り返し蘇生し何度も効果を狙っても良い。

 アンデット族弱体効果を持つモンスターには《ワイトプリンセス》が存在するが、あちらは自分フィールドにも影響を及ぼし、リンクモンスターには作用しない。
 手札から発動可能な誘発即時効果のため奇襲性に優れるという点や、その他《ワイト》のサポートができる点はこちらよりも優秀なので、デッキによって使い分けるとよい。

 こちらは展開の過程でこのカード召喚特殊召喚を経由し、ついでに効果発動するという使い方が理想。
 しかし、【アンデット族】召喚権蘇生効果を回したいカードが他に多く存在し、このカードに頼らずともシンクロモンスターなどで状況を打破できる場面も少なくないだろう。
 効果自体は汎用性があるため、アンデット族よりはレベル1サポートを使う場合や戦闘破壊が重要となるデッキと組み合わせてみるのもよい。
 例えば【シザースバンカー】などでは《ダーク・バースト》を共有でき、戦闘破壊トリガーとする効果のサポートができる。

  • イラストはレーザーサイトが付いた銃剣のような姿をしている。
  • カード名は機能的矯正装置を意味する「バイオネーター」と、銃剣を意味する「ベイオネット」を掛け合わせたものか。

収録パック等


Tag: 《魔筒覗ベイオネーター》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 アンデット族 攻500 守0

広告