魔導書(まどうしょ)神判(しんぱん)/Spellbook of Judgment》

速攻魔法(禁止カード)
このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、
このカードの発動後に自分または相手が発動した魔法カードの枚数分まで、
自分のデッキから「魔導書の神判」以外の
「魔導書」と名のついた魔法カードを手札に加える。
その後、この効果で手札に加えたカードの数以下のレベルを持つ
魔法使い族モンスター1体をデッキから特殊召喚できる。
「魔導書の神判」は1ターンに1枚しか発動できない。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した速攻魔法
 発動したターンエンドフェイズ時に魔導書サーチし、それに応じたレベル魔法使い族モンスターリクルートする効果を持つ。

 魔法カードを使用した分だけ魔導書サーチ可能になるため、手札交換サーチ効果を持つ魔法カードを大量に使用すれば大きなアドバンテージを獲得できる。
 自分相手を問わないため、相手ターン発動して魔法カード発動をためらわせる事もできる。
 また、魔法使い族モンスターリクルートまででき、魔導書関連の効果を持つ魔法使い族を使えばさらなるアドバンテージを稼げるため、【魔導書】では極めて強力なカードである。

 《グリモの魔導書》から《セフェルの魔導書》サーチし、更に魔導書サーチして使えばそれだけでエンドフェイズに3枚のサーチができる。
 手札にこのカード《魔導書士 バテル》《グリモの魔導書》のうち2枚と他の魔導書1枚があればできるので、リターンの大きさの割には非常に決まりやすい。
 更に《魔導教士 システィ》リクルートすれば効果魔導書モンスターを追加でサーチでき、合計で5枚ものサーチを行うこととなる。
 魔導書だけでなく、《成金ゴブリン》《サイクロン》などで魔法カードを複数回発動したり、永続魔法等をバウンスして使いまわせばサーチできる枚数は大きく増える。
 《トゥーンのもくじ》とのシナジーは特に強力で、たった1枚から《トゥーンのもくじ》3連発により3枚もの魔導書に繋がる。
 更にサーチした《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》召喚したり、《ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン》に繋げて《トレード・イン》コストとする、あるいは《トゥーン・ワールド》発動してさらに回数を増やすこともできる。

 ただし、エンドフェイズ手札に加えるため、大量にサーチした場合は手札制限6枚に引っかかる可能性が高い。
 エンドフェイズ前に余分な手札を伏せることで回避できるが、【魔導書】デッキが著しく魔法カードに偏っているためブラフと見抜かれ易い点に注意。
 もしくは、溢れた分は墓地肥やしと割り切ってそのまま捨てることも選択肢となる。
 魔導書捨てることで強力な効果を持つ《ゲーテの魔導書》発動する布石としたり、魔法使い族モンスターを捨てて《ネクロの魔導書》に繋げるのも良い。

 《王立魔法図書館》《魔法都市エンディミオン》とも相性が良い。
 このカードを含め魔法カードを大量発動し、サーチした魔導書を次のターンで使用することで大量の魔力カウンターを乗せられる。

 いずれにせよ、このアドバンテージを活かすためには返しのターンをどう凌ぐかが重要となる。
 墓地に大量の魔導書を溜め込める都合上、《ゲーテの魔導書》を用いるのが一般的だろう。
 また魔法カードドロー効果を持ち、さらに返しの1ターンキルを封じてくれる《一時休戦》は抜群の相性を持つ。

  • カードのモチーフは、タロットカードの大アルカナの一つであるカード番号20の「Judgment(審判)」である。
    カード番号は20、正位置では「復活、結果」、逆位置では「行き詰まり、悪い報せ」などを意味するカードである。
  • タロットカードにも3人の人物が描かれ、このカードイラストの構図と似ている。
  • 「神判」とは、超自然的存在に判断をゆだねることである。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINS第25話にて、SOLテクノロジー社の北村セキュリティ部長を叩くネットユーザーのハンドルネームの1つに「図書館審判坊主メタビ」なる名前が確認できる。
    上述の通り、このカードの現役末期の頃は魔導モンスターが外され《昇霊術師 ジョウゲン》《霊滅術師 カイクウ》といった僧侶がモデルになっているモンスターを採用した【メタビート】戦術が主流となっていた。
    当時のプレイヤーには「これは【魔導書】ではなく【坊主ビート】」と皮肉る者もおり、実際「坊主ビート」や「坊主メタビ」で検索すると当時のデッキレシピや大会結果が多くヒットする。
    上記ハンドルネームもこれを意識したものと思われるが、「神判」ではなく「審判」なのは単なる誤字なのか他に意味があるのかは不明。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードエンドフェイズ効果チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。(13/02/18)

Q:このカード発動に対して《神の警告》発動することができますか?
A:はい、発動できます。(13/02/18)

Q:このカード発動チェーンして速攻魔法発動した場合、その速攻魔法はこのカード発動後に発動したカードとして数えますか?
A:いいえ、同一チェーンブロック上の魔法カード発動は、発動したカードの数には含まれません。(13/02/18)

Q: 発動後のエンドフェイズ前に墓地のこのカードがゲームから除外されている場合、または手札デッキに戻った場合、効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(13/02/20)

Q: このカードエンドフェイズの処理の最後に行われるチェーンブロックを作らない特殊召喚に対して《昇天の黒角笛》発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/02/27)

Q: 魔法カード効果の発動も「発動した魔法カード」として数えられますか?
A:いいえ、カードの発動のみを数えます。(13/03/07)

Q:《ライオウ》フィールド上に存在する場合に《魔導書の神判》を発動できますか?
A:カードの発動はできますが、エンドフェイズ《ライオウ》が存在する場合には処理を適用する事ができません。(13/03/08)

Q:《強欲で謙虚な壺》発動したターン、《魔導書の神判》を発動できますか?
A:発動できますが、エンドフェイズの処理は手札に加える処理までしか行う事ができません。(13/03/08)


Tag: 《魔導書の神判》 魔法 速攻魔法 魔導書

広告