魔導耀士(まどうきし) デイブレイカー》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/魔法使い族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
魔法使い族モンスター2体
このカード名の(2)(4)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードのリンク先に魔法使い族モンスターが特殊召喚された場合に発動する。
このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(3):このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×300アップする。
(4):このカードの魔力カウンターを2つ取り除き、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 ストラクチャーデッキR−ロード・オブ・マジシャン−で登場した光属性魔法使い族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合及び自身のリンク先魔法使い族特殊召喚された場合に自身に魔力カウンター置く2つの効果、自身の魔力カウンターの数に比例して自己強化する効果、自身の魔力カウンターを取り除いてフィールドのカード破壊する効果を持つ。

 (1)と(2)で自身に魔力カウンターを2つ以上置き、(3)で低い攻撃力を補い、(4)の除去に繋げるという流れが基本となる。
 (2)と(4)が1ターンに1度しか使えないので、出したターンでは攻撃力2200で攻撃し、1枚除去して攻撃力1600という流れになるか。
 (2)の効果1ターンに1度しか使えないため、自身の効果のみで魔力カウンターを補う場合、除去効果はもう1ターン跨がなければ使用できない。
 他の効果魔力カウンターを載せて攻撃力を補うことも狙えるが、(4)の効果でさらなる除去につなげる前に除去されかねない。
 無理に維持せず軽い消費で出せるリンク2として使った方が良いだろう。

 効果はいずれも魔力カウンターに関係しているので【魔力カウンター】系列のデッキに採用する事になる。
 ただ、(1)(2)で魔力カウンターを置き、(3)で強化、(4)で除去効果自体は自身単体で完結している。
 魔力カウンターをあまり重視しない【魔法使い族】にも汎用モンスターとして採用する事も考えられる。

  • カード名の「デイブレイカー」は、「夜明け」を意味する「Daybreak」と「ブレイカー」を組み合わせたものだろう。
    また、「耀士」は「騎士」の当て字と思われ、「耀」の文字が用いられているのは「夜明け」からの連想も含まれていると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《魔導耀士 デイブレイカー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 魔法使い族 攻1600

広告