勇炎星(ようえんせい)−エンショウ/Brotherhood of the Fire Fist - Gorilla》

効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1600/守1000
1ターンに1度、このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
デッキから「炎舞」と名のついた魔法カード1枚を選んで自分フィールド上にセットできる。
また、1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。

 COSMO BLAZERで登場した炎属性獣戦士族下級モンスター
 相手モンスター戦闘破壊して墓地へ送った時に炎舞デッキからセットする誘発効果炎舞コスト魔法・罠カード1枚を破壊する起動効果を持つ。

 炎舞サーチを行うには戦闘相手モンスター破壊する必要があるものの、攻撃力は準アタッカークラスとやや不満。
 もっとも、【炎星】では必須カードである《炎舞−「天キ」》《炎舞−「天枢」》が場に残りやすいので、実際にはもっと攻撃力は高い状態の事が多い。
 幸い【4軸炎星】では《微炎星−リュウシシン》効果の都合上《炎舞−「天セン」》が採用されやすいので、これにより大幅な強化が望める。

 魔法・罠除去攻撃を必要とする自身の補助にもなる。
 不要になった炎舞墓地へ送りつつ発動し、安全性が確保された後に攻撃で新たな炎舞サーチするというのが基本的な使い方になるだろう。

 どちらの効果も悪くないのだが、類似効果を持つ《暗炎星−ユウシ》と比べるとどうしても見劣りする。
 あちらはモンスターへの攻撃でも直接攻撃でも戦闘ダメージさえ与えられればサーチ効果発動でき、しかもモンスター除去効果を持つので直接攻撃を行いやすいためである。
 【4軸炎星】ではこのカードも主力の1枚となるが、《暗炎星−ユウシ》よりも投入枚数は少なめとなるだろう。

  • モデルは「水滸伝」の登場人物である、「天勇星」の生まれ変わりの「関勝」だろう。
    三国志に登場する関羽の子孫とされ、「大刀」の渾名を持つ青龍偃月刀の名手であり、イラストでも同様に青龍偃月刀を所持している。
    ゴリラのような形状の炎が見られる事から、カード名は「猿」の音読み『エン』と掛け合わせたものだと思われる。
  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルの「遊馬vs激翔太」戦において、翔太が使用。

関連カード

―《勇炎星−エンショウ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《勇炎星−エンショウ》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 獣戦士族 攻1600 守1000 炎星

広告