揚陸群艦(ようりくぐんかん)アンブロエール/Amphibious Swarmship Amblowhale》

リンク・効果モンスター
リンク4/炎属性/機械族/攻2600
【リンクマーカー:左/右/下/右下】
効果モンスター2体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、お互いの墓地のリンクモンスターの数×200アップする。
(2):このカードが破壊された場合、自分または相手の墓地のリンク3以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
(3):このカードが墓地に存在し、フィールドのリンク3以下のモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

 DARK NEOSTORMで登場した炎属性機械族リンクモンスター
 お互い墓地リンクモンスターの数に応じて自己強化する永続効果、自身が破壊された場合にリンク3以下のリンクモンスター蘇生する誘発効果リンク3以下のリンクモンスター破壊された場合に墓地の自身をコストフィールドのカード破壊する誘発効果を持つ。

 リンク素材の指定は「効果モンスター2体以上」と緩く、またリンクマーカーエクストラモンスターゾーンメインモンスターゾーンのどちらでも活用できる。
 効果を考えれば直接出すことは避け、リンク1〜3のモンスターを経由してリンク召喚したい。

 (1)の効果墓地リンクモンスターの数に比例する自己強化
 墓地リンクモンスターが2体存在すれば、攻撃力3000のラインに届く。
 リンク1〜3のモンスターを経由してリンク召喚することで、自分墓地だけでも3体のリンクモンスターを用意できる。
 相手墓地リンクモンスターもカウントするので、相手デッキタイプによっては高い攻撃力を期待できる。

 (2)は自身が破壊された場合にリンク3以下のモンスター蘇生する効果
 相手除去された際のケアの他、自分で能動的に破壊してもいいだろう。
 このモンスターを出す際にリンク3以下を経由することで蘇生対象を確保できる。
 相手墓地からも蘇生でき、状況を見て蘇生対象を選ぶことができる。

 (3)はリンク3以下のモンスター破壊された場合にフィールドのカード1枚を破壊する効果
 自身が墓地にある時にリンク3以下のリンクモンスター破壊された場合と限定されるが、(2)の効果蘇生したモンスター破壊されることで満たせる。
 蘇生制限は関係ないため、《轟雷帝ザボルグ》エクストラデッキから直接墓地へ送ることで狙ってもいい。

  • 武装したクジラのようなデザインの船(名前からすると、港以外からでも軍隊を陸揚げできる機能を持つ船である揚陸艦)が描かれている。
    名前は、蘇生効果を持つことを考えると「不死」と和訳されるギリシャ語「アンブロシア」と英語でクジラを意味する「ホエール」か。
    攻撃の様子が潮吹きにも見えることから、英語でそれを意味する「ブロー」もかかっているかもしれない。
    • 「揚陸軍艦」ではなく「揚陸群艦」である。
      海軍における編成の種類に「遠征打撃群」や「空母打撃群」といったものがあるので、そのあたりを指す「群」だろう。
    • 英語名の「Amphibious」は「水陸両用の」を意味する。

収録パック等


Tag: 《揚陸群艦アンブロエール》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 炎属性 機械族 攻2600

広告