龍大神(りゅうおおかみ)/Ryu Okami》

効果モンスター
星8/光属性/幻竜族/攻2900/守1200
(1):相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手はエクストラデッキのカード1枚を選んで墓地へ送る。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した光属性幻竜族最上級モンスター
 相手モンスター特殊召喚した場合に相手エクストラデッキカード1枚を墓地へ送らせる誘発効果を持つ。

 相手エクストラデッキ破壊する効果を持つが、1度につき1枚しか墓地へ送ることができない上に、墓地へ送るカードを選ぶのは相手である。
 拘束力は低く、役割としてはあくまで牽制程度と見た方が良い。
 エクストラデッキ破壊を目的として使用するのであれば、なるべく同名カードを並べて1度に削れる枚数を増やしておきたい。
 大量にリンク召喚を行うデッキが相手なら、1体出しておくだけで相手の動きを制限できる可能性はある。

 しかし、エクストラデッキ破壊が目的であれば、一度のアドバンス召喚エクストラデッキの半分以上を削ることができる《轟雷帝ザボルグ》を使う方が効率は良い。
 《ドラゴノイド・ジェネレーター》と相性が良く、ドラゴノイドトークンでこのカードアドバンス召喚し、エンドフェイズ特殊召喚トリガーエクストラデッキカード2枚を墓地へ送ることができる。

 相手フィールド送りつけ墓地へ送られた時に発動する効果を持つモンスター墓地へ送り、その効果を使うという方法もある。
 《旧神ヌトス》を採用することで、特殊召喚を行う度にフィールドカード1枚を破壊できる。
 また、《轟雷帝ザボルグ》等と違い「相手効果によって墓地へ送られる」ことになるため、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》墓地へ送ることで機械族融合モンスター特殊召喚できる。
 さらに、その特殊召喚トリガーに2枚目の《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》墓地へ送ることができるため、1回の特殊召喚から連鎖的に機械族融合モンスター3体を並べることができる。
 ただし、これらに関しては相手も同じことができるため、逆利用されないようにしたい。

 《破面竜》によるリクルートに対応する中で現状元々の攻撃力が最も高いので、それを採用する幻竜族デッキなら単純にアタッカーとして採用するのもいいだろう。
 エクストラデッキからの特殊召喚を封じるカードも増加しており、効果自体は防がれにくいリクルートでの高攻撃力モンスターを出せるのは大きい。

  • このカードが公式twitterで公開されたのが元日だったからか、紹介文が年賀状のような筆文字調の字体で書かれていた。
  • 竜と獣を混ぜたような半透明のモンスターである事から、「大神」は「狼」と掛かっているのだろうか。
  • 日本各地に残る伝承に九頭龍大神伝承がある。
    ただしこの伝承に登場するのは名の通り「九つの頭を持った竜」であり、イラストとの関連は見られない。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:このカード自分フィールドに存在する状況で、以下の行為を行った場合、効果発動しますか?

A:発動します。

Q:このカード自分フィールドに存在する状況で、以下の行為を行った場合、効果発動しますか?

A:発動しません。

Q:このカードを以下の方法で相手フィールド特殊召喚しました。
自身の特殊召喚発動条件として、効果発動されますか?

A:発動しません。(16/01/14)

Q:《ミス・リバイブ》効果相手墓地のこのカード相手フィールド特殊召喚した時、自身の特殊召喚に対して効果発動されますか?
A:発動しません。(16/01/14)


Tag: 《龍大神》 モンスター 効果モンスター 星8 光属性 幻竜族 攻2900 守1200

広告