融合(ゆうごう)モンスター/Fusion Monsters

 融合モンスターはカードの枠が紫色のモンスターカードです。
 エクシーズモンスターシンクロモンスターとは異なり、「《融合》魔法カード使用して呼び出されるモンスターです。
 魔法カード効果によって呼び出されるため、フィールド上だけでなく、手札モンスターを使用する事ができるというメリットがあります。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン1.0より引用)


 この召喚《融合》のみを使う場合、工夫なしでは融合召喚自体がデュエル中3回までしか行えない。
 《融合》融合素材を揃えるまでに手間が掛かり、加えて手札を多く消耗するのが難点である。

 よって融合召喚は、《ミラクル・フュージョン》《龍の鏡》《オーバーロード・フュージョン》等により、墓地を利用する場合も多い。(→墓地融合
 融合召喚以外の方法として、融合呪印生物起動効果によって特殊召喚する事もできる。
 正規の方法でも、《E・HERO フォレストマン》《融合回収》等、融合に必要な手札を補充できるサポートカードも存在するため、これらを駆使してデッキ回したい。

  • 融合モンスターの扱いについて。
  • 第1期においては、DM2までに登場していた一定以上のステータスを持つモンスターOCG化に伴い融合モンスターにされる場合が多かった。
    また、《炎の剣士》などの原作の王国編までに登場した融合モンスターではないモンスターが、OCGでは融合モンスターになってしまったものも多い。
    当時は非難を浴びたが、現在は《簡易融合》等によって他の原作出身の通常モンスターより格段に活躍の場を得ている者も多く、結果的には功を奏したと言えなくもない。
    漫画やアニメで登場した融合モンスターがOCG化の際に融合モンスターでなくなり、専用デッキでしか扱えなくなった者もいる。
    一方で最近では、書籍などの背景世界のストーリー紹介では「融合した」と書かれているのに関わらずシンクロモンスターエクシーズモンスターになってしまっているモンスターも存在する。
  • 「バトルシティ編」における「エキスパートルール」では、融合モンスターは《融合》特殊召喚されたターン攻撃できない制限があった。
    そのため、融合召喚されたターンでの攻撃を可能にする魔法カード《速攻》を人形(マリク)が1度だけだが使用していた(アニメでは様々なデュエリストが使用)。
    これは原作のルールだと、素材のモンスター攻撃後に融合するという《超融合》のような戦術が簡単にできてしまうためだと思われる。
    もちろんOCGではそのようなルールは存在せず、融合召喚したターンから攻撃できる。
    アニメでは「ドーマ編」以降、OCGと同じ仕様に変更された。
  • アニメARC-Vでは融合召喚と共に物語の鍵を握る存在となっている。
    新規に登場した融合モンスターの中には古参のモンスター融合素材とした融合モンスターも登場している。
    また、遊矢達の住む世界とは別に融合次元という世界が存在していると、素良やユートの口から語られている。
    素良、ユーリ、セレナ、デニスは融合次元の人間。
  • アニメDMでは未OCG化の融合モンスターとして《(ゴッド)・スライム》・《死霊公爵》・《ヘルホーンドザウルス》が登場。
    遊戯王Rでは城之内が《鋼鉄の魔導騎士−ギルティギア・フリード》を使用している。
    アニメGXでは13体の未OCG化の融合モンスターが存在する。
    漫画GXでは翔が《ソリッドロイドα》・《ソリッドロイドβ》・《ソリッドロイドγ》を使用している。
    アニメ5D'sではシェリーが《ケンタウルミナ》を、漫画5D'sではボマーが《空爆翼ファイア・バード》・《爆撃獣ファイヤ・ボンバー》を使用。
    アニメZEXALでは六十郎が青眼の究極木竜(ブルーアイズ・アルティメット・スタチュー・ドラゴン)を、ウルフが《超電磁竜マグネドラゴン》を使用している。
    アニメARC-Vでは24体の未OCG化の融合モンスターが存在する。
    漫画ARC-Vでは《スターヴ・ヴェネミー・ドラゴン》が登場している。
    この他にアニメGXでは《暗黒界の混沌王 カラレス》や「超融合神」なる融合モンスターの存在が示唆されていたが、詳細が明かされることはなかった。
  • また、アニメではメタカードとして万丈目が装備魔法《フュージョン・バスター》、ヴァロンが通常罠《断絶拳》、柚子が通常罠《融合輪廻》、オベリスク・フォースの1人が通常罠《融合霧散》を使用している。
  • コナミのゲーム作品において―
    WCSシリーズでは「融合モンスターは収録されているのだが、その融合素材が収録されていない」事が多々あり、正規の方法で融合召喚できないモンスターも少なからず存在する。
    DUEL TERMINALのADXでスキャンした際のコマンドは、一部を除き「めぐみのあめ」に統一されている。

関連カード

融合モンスター一覧

融合モンスターレベル融合素材効果
《E・HERO ゴッド・ネオス》12ネオスHERO×5(それぞれ1体以上)
《極戦機王ヴァルバロイド》12機械族ロイド×5
《混沌幻魔アーミタイル》12《神炎皇ウリア》《降雷皇ハモン》《幻魔皇ラビエル》
《真青眼の究極竜》12《青眼の白龍》《青眼の白龍》《青眼の白龍》
《覇王龍ズァーク》12ドラゴン族の融合モンスタードラゴン族Sモンスタードラゴン族Xモンスタードラゴン族Pモンスター
《F・G・D》12ドラゴン族×5
《青眼の究極竜》12《青眼の白龍》《青眼の白龍》《青眼の白龍》-
《究極竜騎士》12《カオス・ソルジャー》《青眼の究極竜》
《インフェルノイド・ティエラ》11《インフェルノイド・ネヘモス》《インフェルノイド・リリス》インフェルノイド1体以上
《アルティメットサイキッカー》10サイキック族Sモンスターサイキック族
《暗黒方界邪神クリムゾン・ノヴァ・トリニティ》10《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》×3
《古代の機械究極巨人》10《古代の機械巨人》アンティーク・ギア×2
《古代の機械混沌巨人》10アンティーク・ギア×4
《AtoZ−ドラゴン・バスターキャノン》10《ABC−ドラゴン・バスター》《XYZ−ドラゴン・キャノン》
《エルシャドール・シェキナーガ》10シャドール地属性
《E・HERO エリクシーラー》10《E・HERO フェザーマン》《E・HERO バーストレディ》《E・HERO クレイマン》《E・HERO バブルマン》
《鎧獄竜−サイバー・ダークネス・ドラゴン》10サイバー・ダーク効果モンスター×5
《合神竜ティマイオス》10《伝説の騎士 ティマイオス》《伝説の騎士 クリティウス》《伝説の騎士 ヘルモス》
《グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》10捕食植物元々のレベルが8以上の闇属性
《ゴヨウ・エンペラー》10地属性戦士族Sモンスター×2
《サイバー・エンド・ドラゴン》10《サイバー・ドラゴン》《サイバー・ドラゴン》《サイバー・ドラゴン》
《ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ》10ジェムナイト×3
《召喚獣エリュシオン》10召喚獣エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター
《スーパービークロイド−モビルベース》10ロイド融合モンスターロイドモンスター
《聖霊獣騎 ガイアペライオ》10聖霊獣騎霊獣使い精霊獣
《地天の騎士ガイアドレイク》10《大地の騎士ガイアナイト》効果モンスター以外のSモンスター
《超電導戦機インペリオン・マグナム》10《磁石の戦士マグネット・バルキリオン》《電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン》
《DDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン》10DDD×2
《DDD怒濤壊薙王カエサル・ラグナロク》10DDD×2
《D−HERO ダスクユートピアガイ》10D−HERO融合モンスターD−HERO
《Dragoon D−END》10《D−HERO Bloo−D》《D−HERO ドグマガイ》
《ナチュル・エクストリオ》10《ナチュル・ビースト》《ナチュル・パルキオン》
《ナチュル・ガイアストライオ》10地属性Sモンスター×2
《覇王紫竜オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴン》10スターヴ・ヴェノムオッドアイズ
《波動竜騎士 ドラゴエクィテス》10ドラゴン族Sモンスター戦士族
《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》10魔法使い族Sモンスター魔法使い族
《青眼の双爆裂龍》10《青眼の白龍》《青眼の白龍》
《月光舞獅子姫》10《月光舞豹姫》ムーンライト×2
《ユーフォロイド・ファイター》10《ユーフォロイド》戦士族
《レインボー・ネオス》10《E・HERO ネオス》究極宝玉神
《ワーム・ゼロ》10爬虫類族ワーム2体以上
《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》レベル6のデーモン通常モンスターレッドアイズ通常モンスター
《アルカナ ナイトジョーカー》《クィーンズ・ナイト》《ジャックス・ナイト》《キングス・ナイト》
《エルシャドール・アノマリリス》シャドール水属性
《E・HERO カオス・ネオス》《E・HERO ネオス》《N・ブラック・パンサー》《N・グロー・モス》
《E・HERO Core》E・HERO×3
《E・HERO ストーム・ネオス》《E・HERO ネオス》《N・エア・ハミングバード》《N・アクア・ドルフィン》
《E・HERO マグマ・ネオス》《E・HERO ネオス》《N・フレア・スカラベ》《N・グラン・モール》
《キメラテック・オーバー・ドラゴン》《サイバー・ドラゴン》機械族1体以上
《C・HERO カオス》M・HERO×2
《ジェムナイトマスター・ダイヤ》ジェムナイト×3
《始祖竜ワイアーム》通常モンスター×2
《召喚獣メルカバー》《召喚師アレイスター》光属性
《スーパービークロイド−ステルス・ユニオン》《トラックロイド》《エクスプレスロイド》《ドリルロイド》《ステルスロイド》
《彼岸の巡礼者 ダンテ》カード名が異なる彼岸×3
《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》《デーモンの召喚》《真紅眼の黒竜》-
《マスター・オブ・OZ》《ビッグ・コアラ》《デス・カンガルー》-
《メタルフォーゼ・カーディナル》メタルフォーゼ攻撃力3000以下のモンスター×2-
《アマゾネス女帝》《アマゾネス女王》アマゾネス
《呪符竜》《ブラック・マジシャン》ドラゴン族
《古代の機械魔神》アンティーク・ギア×2
《E−HERO ダーク・ガイア》悪魔族岩石族
《E−HERO マリシャス・デビル》《E−HERO マリシャス・エッジ》レベル6以上の悪魔族
《E−HERO ワイルド・サイクロン》《E・HERO フェザーマン》《E・HERO ワイルドマン》
《WW−クリスタル・ベル》《WW−ウィンター・ベル》WW
《ABC−ドラゴン・バスター》《A−アサルト・コア》《B−バスター・ドレイク》《C−クラッシュ・ワイバーン》
《XYZ−ドラゴン・キャノン》《X−ヘッド・キャノン》《Y−ドラゴン・ヘッド》《Z−メタル・キャタピラー》
《エルシャドール・ネフィリム》シャドール光属性
《E・HERO アブソルートZero》HERO水属性
《E・HERO エスクリダオ》E・HERO闇属性
《E・HERO Great TORNADO》E・HERO風属性
《E・HERO The シャイニング》E・HERO光属性
《E・HERO ジ・アース》《E・HERO オーシャン》《E・HERO フォレストマン》
《E・HERO シャイニング・フェニックスガイ》《E・HERO フェニックスガイ》《E・HERO スパークマン》
《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》《E・HERO フレイム・ウィングマン》《E・HERO スパークマン》
《E・HERO テンペスター》《E・HERO フェザーマン》《E・HERO スパークマン》《E・HERO バブルマン》
《E・HERO ノヴァマスター》E・HERO炎属性
《E・HERO フレイム・ブラスト》《E・HERO ザ・ヒート》《E・HERO レディ・オブ・ファイア》
《E・HERO プラズマヴァイスマン》《E・HERO スパークマン》《E・HERO エッジマン》
《E・HERO マリン・ネオス》《E・HERO ネオス》《N・マリン・ドルフィン》
《E・HERO ワイルド・ウィングマン》《E・HERO ワイルドマン》《E・HERO フェザーマン》
《E・HERO ワイルドジャギーマン》《E・HERO ワイルドマン》《E・HERO エッジマン》
《EMオッドアイズ・メタル・クロウ》オッドアイズEM
《EMガトリングール》EMレベル5以上の闇属性
《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》《サイバー・ダーク・ホーン》《サイバー・ダーク・エッジ》《サイバー・ダーク・キール》
《ガエル・サンデス》《デスガエル》《デスガエル》《デスガエル》
《ガトリング・ドラゴン》《リボルバー・ドラゴン》《ブローバック・ドラゴン》
《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》《サイバー・ドラゴン》機械族1体以上
《剣闘獣アンダバタエ》《剣闘獣アウグストル》剣闘獣×2
《剣闘獣総監エーディトル》レベル5以上の剣闘獣×2
《剣闘獣ネロキウス》剣闘獣×3
《剣闘獣ヘラクレイノス》《剣闘獣ラクエル》剣闘獣×2
《剛竜剣士ダイナスターP》竜剣士PモンスターPモンスター
《サイバー・ツイン・ドラゴン》《サイバー・ドラゴン》《サイバー・ドラゴン》
《ジェムナイト・ジルコニア》ジェムナイト岩石族-
《重爆撃禽 ボム・フェネクス》機械族炎族
《召喚獣メガラニカ》《召喚師アレイスター》地属性-
《スーパービークロイド−ジャンボドリル》《スチームロイド》《ドリルロイド》《サブマリンロイド》
《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》トークン以外のフィールド闇属性×2
《タイラント・バースト・ドラゴン》-
《超合魔獣ラプテノス》デュアル×2
《超魔導剣士−ブラック・パラディン》《ブラック・マジシャン》《バスター・ブレイダー》
《DDD剋竜王ベオウルフ》DDDDD
《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》レベル5以上のDDDD
《D−HERO ディストピアガイ》D−HERO×2
《デストーイ・サーベル・タイガー》デストーイ融合モンスターファーニマルまたはエッジインプ1体以上
《デストーイ・デアデビル》エッジインプファーニマル
《デストーイ・ハーケン・クラーケン》エッジインプファーニマル
《デストーイ・マッド・キマイラ》デストーイ×3
《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》闇属性ペンデュラムモンスター×2
《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》ドラゴン族闇属性獣族
《V・HERO アドレイション》HERO×2
《V・HERO トリニティー》HERO×3
《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》《VW−タイガー・カタパルト》《XYZ−ドラゴン・キャノン》
《ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》ペンデュラム・ドラゴン戦士族
《捕食植物ドラゴスタペリア》融合モンスター闇属性
《M・HERO アシッド》-
《M・HERO 闇鬼》-
《M・HERO カミカゼ》-
《M・HERO 光牙》-
《M・HERO ダイアン》-
《ミラーフォース・ドラゴン》-
《月光舞豹姫》《月光舞猫姫》ムーンライト
《冥界龍 ドラゴネクロ》アンデット族×2
《メタルフォーゼ・オリハルク》メタルフォーゼ×2
《メテオ・ブラック・ドラゴン》《真紅眼の黒竜》《メテオ・ドラゴン》-
《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》レベル7のレッドアイズレベル6のドラゴン族
《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》《バスター・ブレイダー》ドラゴン族
《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》魔法使い族
《アマゾネスペット虎獅子》《アマゾネスペット虎》アマゾネス
《異星の最終戦士》《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》《魔力吸収球体》
《エルシャドール・エグリスタ》シャドール炎属性
《E・HERO アクア・ネオス》《E・HERO ネオス》《N・アクア・ドルフィン》
《E・HERO エアー・ネオス》《E・HERO ネオス》《N・エア・ハミングバード》
《E・HERO グラン・ネオス》《E・HERO ネオス》《N・グラン・モール》
《E・HERO グロー・ネオス》《E・HERO ネオス》《N・グロー・モス》
《E・HERO ネオス・ナイト》《E・HERO ネオス》戦士族
《E・HERO ブラック・ネオス》《E・HERO ネオス》《N・ブラック・パンサー》
《E・HERO フレア・ネオス》《E・HERO ネオス》《N・フレア・スカラベ》
《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》オッドアイズPモンスター
《カイザー・ドラゴン》《砦を守る翼竜》《フェアリー・ドラゴン》-
《剣闘獣ゲオルディアス》《剣闘獣スパルティクス》剣闘獣
《幻奏の華歌聖ブルーム・プリマ》幻奏の音姫幻奏1体以上
《サイバー・オーガ・2》《サイバー・オーガ》《サイバー・オーガ》
《サイバー・ブレイダー》《エトワール・サイバー》《ブレード・スケーター》
《千年竜》《時の魔術師》《ベビードラゴン》-
《ジェムナイト・アメジス》ジェムナイト水族
《ジェムナイト・プリズムオーラ》ジェムナイト雷族
《ジェムナイト・マディラ》ジェムナイト炎族
《召喚獣プルガトリオ》《召喚師アレイスター》炎属性
《スカルビショップ》《悪魔の知恵》《魔天老》-
《聖女ジャンヌ》《慈悲深き修道女》《堕天使マリー》-
《双頭の雷龍》《サンダー・ドラゴン》《サンダー・ドラゴン》-
《DDD神託王ダルク》DD×2
《デストーイ・ホイールソウ・ライオ》《エッジインプ・ソウ》ファーニマル
《デビル・ボックス》《マーダーサーカス》《ドリーム・ピエロ》-
《天翔の竜騎士ガイア》暗黒騎士ガイアドラゴン族
《髑髏の司祭ヤスシ》*1《血の代償》《黒き森のウィッチ》-
《ヒューマノイド・ドレイク》《ワームドレイク》《ヒューマノイド・スライム》-
《捕食植物キメラフレシア》捕食植物闇属性
《マルチ・ピース・ゴーレム》《ビッグ・ピース・ゴーレム》《ミッド・ピース・ゴーレム》
《迷宮の魔戦車》《ギガテック・ウルフ》《キャノン・ソルジャー》-
《月光舞猫姫》ムーンライト×2
《竜騎士ガイア》《暗黒騎士ガイア》《カース・オブ・ドラゴン》-
《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》《ブラック・マジシャン・ガール》ドラゴン族
《竜魔人 キングドラグーン》《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》《神竜 ラグナロク》
《真紅眼の黒刃竜》《真紅眼の黒竜》戦士族モンスター
《真紅眼の黒竜剣》-
《アクア・ドラゴン》《フェアリー・ドラゴン》《海原の女戦士》《ゾーン・イーター》-
《E−HERO インフェルノ・ウィング》《E・HERO フェザーマン》《E・HERO バーストレディ》
《E−HERO ヘル・スナイパー》《E・HERO クレイマン》《E・HERO バーストレディ》
《E−HERO ライトニング・ゴーレム》《E・HERO スパークマン》《E・HERO クレイマン》
《XZ−キャタピラー・キャノン》《X−ヘッド・キャノン》《Z−メタル・キャタピラー》
《XY−ドラゴン・キャノン》《X−ヘッド・キャノン》《Y−ドラゴン・ヘッド》
《エルシャドール・ウェンディゴ》シャドール風属性
《E・HERO ガイア》E・HERO地属性
《E・HERO サンダー・ジャイアント》《E・HERO スパークマン》《E・HERO クレイマン》
《E・HERO ダーク・ブライトマン》《E・HERO スパークマン》《E・HERO ネクロダークマン》
《E・HERO ネクロイド・シャーマン》《E・HERO ワイルドマン》《E・HERO ネクロダークマン》
《E・HERO フェニックスガイ》《E・HERO フェザーマン》《E・HERO バーストレディ》
《E・HERO フレイム・ウィングマン》《E・HERO フェザーマン》《E・HERO バーストレディ》
《E・HERO マッドボールマン》《E・HERO バブルマン》《E・HERO クレイマン》*2
《E・HERO ランパートガンナー》《E・HERO クレイマン》《E・HERO バーストレディ》
《おジャマ・キング》《おジャマ・グリーン》《おジャマ・イエロー》《おジャマ・ブラック》
《起爆獣ヴァルカノン》機械族炎族
《金色の魔象》《メデューサの亡霊》《ドラゴン・ゾンビ》-
《キング・もけもけ》《もけもけ》《もけもけ》《もけもけ》
《クリッチー》《クリッター》《黒き森のウィッチ》-
《クワガー・ヘラクレス》《クワガタ・アルファ》《ヘラクレス・ビートル》-
《幻奏の音姫マイスタリン・シューベルト》幻奏×2
《幻奏の華歌聖ブルーム・ディーヴァ》幻奏の音姫幻奏
《剣闘獣ガイザレス》《剣闘獣ベストロウリィ》剣闘獣
《コアラッコアラ》《コアラッコ》《ラッコアラ》
《紅陽鳥》《セイント・バード》《スカイ・ハンター》-
《黒炎の騎士−ブラック・フレア・ナイト−》《ブラック・マジシャン》《炎の剣士》
《裁きの鷹》《冠を戴く蒼き翼》《コケ》-
《裁きを下す女帝》《女王の影武者》《響女》-
《砂の魔女》《岩石の巨兵》《エンシェント・エルフ》-
《ジェムナイト・アクアマリナ》《ジェムナイト・サフィア》ジェムナイト
《ジェムナイト・パーズ》《ジェムナイト・ルマリン》ジェムナイト
《ジェムナイト・ルビーズ》《ジェムナイト・ガネット》ジェムナイト
《召喚獣コキュートス》《召喚師アレイスター》水属性
《スケルゴン》《メデューサの亡霊》《暗黒の竜王》-
《スチームジャイロイド》《ジャイロイド》《スチームロイド》-
《戦場の死装束》《音女》《斬首の美女》-
《ソウル・ハンター》《ランプの魔人》《異次元からの侵略者》-
《聖霊獣騎 アペライオ》霊獣使い精霊獣
《聖霊獣騎 カンナホーク》霊獣使い精霊獣
《聖霊獣騎 ペトルフィン》霊獣使い精霊獣
《ツイン・フォトン・リザード》フォトン×2
《DDD烈火王テムジン》DD×2
《D−HERO デッドリーガイ》D−HERO闇属性効果モンスター
《デストーイ・シザー・ウルフ》《エッジインプ・シザー》ファーニマル1体以上
《デストーイ・シザー・タイガー》《エッジインプ・シザー》ファーニマル1体以上
《デストーイ・シザー・ベアー》《エッジインプ・シザー》《ファーニマル・ベア》
《デス・バード》《タクヒ》《髑髏の寺院》-
《轟きの大海蛇》《魔法のランプ》《ひょうすべ》-
《ドラゴン・ウォリアー》《戦士ダイ・グレファー》《スピリット・ドラゴン》
《バラに棲む悪霊》《グレムリン》《スネーク・パーム》-
《VW−タイガー・カタパルト》《V−タイガー・ジェット》《W−ウィング・カタパルト》
《ブラキオレイドス》《二頭を持つキング・レックス》《屍を貪る竜》-
《M・HERO 剛火》-
《M・HERO ダーク・ロウ》-
《M・HERO ブラスト》-
《M・HERO ヴェイパー》-
《ミノケンタウロス》《ミノタウルス》《ケンタウロス》-
《メタル・ドラゴン》《鋼鉄の巨神像》《レッサー・ドラゴン》-
《メタルフォーゼ・ミスリエル》メタルフォーゼPモンスター
《闇魔界の竜騎士 ダークソード》《闇魔界の戦士 ダークソード》《漆黒の闘龍》
《有翼幻獣キマイラ》《幻獣王ガゼル》《バフォメット》
《レアメタル・ナイト》《レアメタル・ソルジャー》《レアメタル・レディ》
《レアメタル・ヴァルキリー》《レアメタル・レディ》《レアメタル・ソルジャー》
《レスキューキューロイド》《レスキューロイド》《キューキューロイド》
《YZ−キャタピラー・ドラゴン》《Y−ドラゴン・ヘッド》《Z−メタル・キャタピラー》
《エルシャドール・ミドラーシュ》シャドール闇属性
《E・HERO スチーム・ヒーラー》《E・HERO バーストレディ》《E・HERO バブルマン》
《E・HERO セイラーマン》《E・HERO バブルマン》《E・HERO フェザーマン》
《おジャマ・ナイト》おジャマ×2
《キメラテック・ランページ・ドラゴン》サイバー・ドラゴン2体以上
《黒き人食い鮫》《シーカーメン》《キラー・ブロッブ》《海原の女戦士》-
《剣闘獣エセダリ》剣闘獣×2*3
《Sea Monster of Theseus》チューナー×2-
《深海に潜むサメ》《神魚》《舌魚》-
《ジェムナイト・セラフィ》ジェムナイト光属性
《ジェムナイトレディ・ラピスラズリ》《ジェムナイト・ラピス》ジェムナイト
《重装機甲 パンツァードラゴン》機械族ドラゴン族
《召喚獣ライディーン》《召喚師アレイスター》風属性
《水陸両用バグロス》《陸戦型 バグロス》《海を守る戦士》-
《朱雀》《赤き剣のライムンドス》《炎の魔神》-
《デス・デーモン・ドラゴン》《グランド・ドラゴン》《レッサー・デーモン》
《デストーイ・チェーン・シープ》《エッジインプ・チェーン》ファーニマル
《ドラゴンに乗るワイバーン》《ベビードラゴン》《ワイバーンの戦士》
《ナイトメアを駆る死霊》《魂を削る死霊》《ナイトメア・ホース》
《バロックス》《キラーパンダ》《ガーゴイル》-
《プラグティカル》《トラコドン》《フレイム・ヴァイパー》-
《フラワー・ウルフ》《シルバー・フォング》《魔界のイバラ》-
《ペアサイクロイド》機械族同名カード×2
《炎の剣士》《炎を操る者》《伝説の剣豪 MASAKI》-
《魔人 ダーク・バルター》《憑依するブラッド・ソウル》《辺境の大賢者》
《魔導騎士ギルティア》《冥界の番人》《王座の守護者》-
《マリン・ビースト》《水の魔導師》《ベヒゴン》-
《音楽家の帝王》《黒き森のウィッチ》《ハイ・プリーステス》-
《メカ・ザウルス》《ミスター・ボンバー》《二頭を持つキング・レックス》-
《メタルフォーゼ・アダマンテ》メタルフォーゼ攻撃力2500以下のモンスター-
《雷神の怒り》《エンゼル・イヤーズ》《メガ・サンダーボール》-
《暗黒火炎龍》《火炎草》《プチリュウ》-
《カオス・ウィザード》《ホーリー・エルフ》《黒魔族のカーテン》-
《カルボナーラ戦士》《マグネッツ1号》《マグネッツ2号》-
《旧神ヌトス》SモンスターXモンスター
《旧神ノーデン》SモンスターまたはXモンスターSモンスターまたはXモンスター
《召喚獣カリギュラ》《召喚師アレイスター》闇属性
《デス・ウイルス・ドラゴン》-
《N・ティンクル・モス》-
《N・マリン・ドルフィン》-
《女神の聖弓−アルテミス》-
《ロケット・ヘルモス・キャノン》-
《マブラス》《タイホーン》《邪炎の翼》-
《レア・フィッシュ》《フュージョニスト》《恍惚の人魚》-
《アンデット・ウォーリアー》《ワイト》《格闘戦士アルティメーター》-
《フュージョニスト》《プチテンシ》《スリーピィ》-
《フレイム・ゴースト》《ワイト》《マグマン》-
《炎の騎士 キラー》《モンスター・エッグ》《スティング》-
《魔装騎士ドラゴネス》《アーメイル》《一眼の盾竜》-
《タイムマジック・ハンマー》-
《サウザンド・アイズ・サクリファイス》《サクリファイス》《千眼の邪教神》
《フルメタルフォーゼ・アルカエスト》メタルフォーゼ通常モンスター
《LL−インディペンデント・ナイチンゲール》《LL−アセンブリー・ナイチンゲール》LL

融合召喚以外の方法でエクストラデッキから特殊召喚する融合モンスター

エクストラデッキの融合モンスターを融合召喚する、または融合召喚扱いで特殊召喚する効果を持つカード

 ※第8期以前の「融合召喚扱いで特殊召喚する」というテキストを持つカードは、ほとんどが「融合召喚する」と同じ意味である。

エクストラデッキの融合モンスターを特殊召喚する効果を持つカード

エクストラデッキの融合モンスターを墓地へ送る効果を持つカード

上記以外で融合モンスターに関係する効果発動条件を持つカード

融合モンスターメタ

関連リンク

広告