(アサルト) BF(ブラックフェザー)涙雨(なみだあめ)のチドリ/Assault Blackwing - Chidori the Rain Sprinkling》

シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/鳥獣族/攻2600/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):「BF」モンスターを素材としてS召喚したこのカードはチューナーとして扱う。
(2):このカードの攻撃力は自分の墓地の「BF」モンスターの数×300アップする。
(3):このカードが破壊され墓地へ送られた時、
「A BF−涙雨のチドリ」以外の自分の墓地の鳥獣族Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した闇属性鳥獣族シンクロモンスター
 BFシンクロ素材とした場合にチューナーになるルール効果墓地BFの数だけ攻撃力を上げる永続効果破壊され墓地へ送られた時に鳥獣族シンクロモンスター蘇生する誘発効果を持つ。

 (1)の効果《A BF−驟雨のライキリ》と同じでありレベルも同じなため、チューナーとする場合の運用法はあちらを参照。

 (2)の効果墓地BFの数だけ強化でき、BF2体をシンクロ素材としていれば最低でも攻撃力は3200にまで上がる。
 墓地モンスター除外する《BF−大旆のヴァーユ》とは相性が良くないが、それでも十分なステータスになる。
 墓地BFを9体まで貯めれば、エクシーズ素材を残した《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》をも突破できる。
 ただし、同レベル《A BF−驟雨のライキリ》除去した後に直接攻撃した方がダメージが多くなる場合も多いため、状況によって使い分けたい。
 《蒼眼の銀龍》など、効果破壊できないモンスターに対して3000を超える攻撃力が必要になった時などは、こちらを使うのが良いだろう。

 (3)の効果破壊された時の蘇生効果だが、墓地へ送られなければならないため、《奈落の落とし穴》では発動しない。
 また、破壊以外の除去が豊富な昨今では破壊される可能性は低く、打点が高いこのカードの場合は尚更である。
 単に蘇生目的ならば《BF T−漆黒のホーク・ジョー》の方が速効性があり、蘇生したモンスターと共に攻撃すればこちらよりダメージが多くなる場合が多い。
 一応、自分《激流葬》などで破壊する手はあり、《烏合無象》自壊蘇生カードとして有効活用できる。
 とはいえ、状況に左右される用法である事は否めず、基本的にこちらはオマケと考え打点要員として使われることが多いだろう。

  • 「チドリ(千鳥)」という鳥は実在しているが、他の「A BF」を考えると由来は刀剣の名前だろう。
    「千鳥」の名を持つ名刀は複数あり、例えば中国・北九州を治めていた大内家は千鳥一文字という刀を所持していた。
    なかでも、アニメ作中で「雷鳴」など「雷」が強調されている点を考えると立花道雪が所持していた「雷切」と呼ばれる刀の1つである「千鳥」がモチーフだろう。
    一方、「涙雨」は「ごく少量だけ降る雨」「涙にたとえられている雨」を指す。
    元ネタを同じくする《A BF−驟雨のライキリ》とは全てのステータスが一致しており、イラストもあちらを意識したような構図となっている。
  • アニメではカード画像が出ておらず、(3)の効果は「vsズァーク」戦で確認できるが、(1)の共通効果は不明。
  • シンクロ召喚時の口上は「漆黒の翼濡らし、そぼ降る雨に響け。雷鳴の一撃!シンクロ召喚!突き抜けろ!《A BF−涙雨のチドリ》!」。
  • ちなみに、「そぼ降る」とは「しとしと降る」という意味である。
  • 《BF−弔風のデス》と同じく、2016年1月10日のアニメで作中初登場となったが、OCGではその前日に登場しており、アニメに先行する形となっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《A BF−涙雨のチドリ》 モンスター シンクロモンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 鳥獣族 攻2600 守2000 BF A BF エクストラデッキ

広告