A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) アンリミッター/Ally of Justice Unlimiter》

効果モンスター
星2/闇属性/機械族/攻 600/守 200
このカードをリリースして発動できる。
自分フィールド上の「A・O・J」と名のついたモンスター1体を選択し、
その攻撃力をエンドフェイズ時まで元々の攻撃力の倍にする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 DUEL TERMINAL −魔轟神復活!!−で登場した闇属性機械族下級モンスター
 A・O・Jの1体であり、A・O・J元々の攻撃力を倍にする起動効果を持つ。

 効果A・O・J専用の調整された《リミッター解除》であり、コンバットトリック相手ターンには使えないものの、戦闘ダメージの大幅な増加が見込める。
 サポートカードの少ない【A・O・J】においてA・O・Jを増やす1番の動機になりえる。

 低レベル・低ステータスのため《キラー・トマト》《機甲部隊の最前線》でのリクルートが容易であり、A・O・Jとの同時展開は難しくない。
 蘇生においても《リビングデッドの呼び声》だけでなく《強化蘇生》《マシン・デベロッパー》からの展開が可能である。
 自壊してしまうがこのカード召喚し、《アイアンコール》下級A・O・J蘇生させ、効果を使うのも良い。
 《ジャンク・シンクロン》蘇生し、《モノマネンド》《地獄の暴走召喚》で展開させ、シンクロ召喚したA・O・Jシンクロモンスター効果を使うのも手である。

 しかしA・O・J下級モンスターは軒並み攻撃力が2000以下で、《リミッター解除》と併用しても1ターンキルにはなかなか届かない。
 上級モンスターは癖の強いモンスターが多い上、シンクロモンスターは最も汎用性の高い《A・O・J カタストル》との噛み合わせが良くない。
 《デモンズ・チェーン》には強いが《エフェクト・ヴェーラー》《ブレイクスルー・スキル》を受けると弱小モンスターとしてフィールドに残ってしまう。
 永続カードでの特殊召喚《サイクロン》等で妨害される恐れもある等、結局《巨大化》などの装備魔法より安定しているとは言えない。
 《連鎖除外》にも弱く、根こそぎ除外されて機能させられなくなる事はなんとしても避けたい。

 基本的にはシンクロ素材とし、隙あらば蘇生してモンスター効果の発動を狙うといった使い方をするのが無難か。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果です。(08/12/06)

Q:対象をとりますか
A:対象をとります。(08/12/06)

Q:このターン既にこのカードの効果を受けているA・O・Jを、さらにこのカードの効果対象とした場合どうなりますか?
A:1回目の効果で、既に元々の攻撃力が倍になっているので、同一ターンに複数回使っても攻撃力は変化しません。(08/12/07)

Q:このカードの効果《リミッター解除》発動する順番で、攻撃力の変化はありますか?
A:《リミッター解除》→このカードの効果の順番で発動した場合、《リミッター解除》で既に倍の攻撃力になっているので、このカードの効果攻撃力の変化はありません。
  逆に、このカードの効果《リミッター解除》の順番で発動した場合は、結果的に攻撃力は4倍になります。(08/12/07)


Tag: 《A・O・J アンリミッター》 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 機械族 攻600 守200 A・O・J

広告