A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) ガラドホルグ/Ally of Justice Garadholg》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1600/守 400
このカードは光属性モンスターと戦闘を行う場合、
ダメージステップの間、攻撃力が200ポイントアップする。

 DUEL TERMINAL −シンクロ覚醒!!−で登場した闇属性機械族下級モンスター
 A・O・Jの1体であり、光属性モンスター戦闘を行う時、自身の攻撃力を上げる永続効果を持つ。

 光属性との戦闘の際には攻撃力が1800となるが、それでも同属性種族《メカ・ハンター》ステータスが劣る。
 《機甲部隊の最前線》リクルートするにしても、強化の利点が活かしにくく、他のモンスターを優先した方がいい場合も多い。
 A・O・Jのサポートには対応するが、同じくA・O・Jのサポートを受けられる《A・O・J ブラインド・サッカー》《A・O・J D.D.チェッカー》を押し退けて、このカードを採用するというのは難しいものがある。
 効果適用された場合の攻撃力A・O・J下級モンスターでは一番高いため、その点を活かせるならば採用できるだろうか。
 同じような難点を持つ《A・O・J ルドラ》に比べ、《ブラック・ボンバー》に対応する下級モンスターなのでまだ活用法はある。

  • 名前の由来はケルト神話のアルスター伝説に登場する、フェルグス・マクローイが所持していた「カラドボルグ(Caladbolg)」、または「カラドホルグ(Caladcholg)」と呼ばれる宝剣だと思われる。
    元は妖精が鍛えあげ、ケルトの神の王ヌァダが所持していたとの説がある。
    ちなみに、アーサー王の剣として有名な「エクスカリバー」の前身となる「カリバーン」をウェールズ読みにすると「カラドヴルフ」になり、いくつかの共通点がある事からカラドボルグ伝説がエクスカリバー伝説に転化したと考えられている。
  • イラストからは少し分かりにくいが、両手にレーザーブレードを持っている。
    この点はアニメなどではっきりと確認できる。
  • DTマスターガイドによれば、フレムベルによって開発されたA・O・Jであるとされている。
    ただ上記の由来や剣を持っている事、背景に街のようなものが見える事からどちらかといえばX−セイバーを彷彿とさせる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sのWRGPにおいてデュエルに乱入したゴーストの何体かが使用した。
    字幕では何故か《A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) ガラドルグ》と表記されている。
    そしてゴーストの発音も「ガラドボルグ」である。
  • コナミのゲーム作品において―
    WCS2009に対戦相手として登場。
    デッキ名は「闇の機械だA・O・J」。

関連カード

収録パック等


Tag: 《A・O・J ガラドホルグ》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 機械族 攻1600 守400 A・O・J

広告