A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) コズミック・クローザー/Ally of Justice Cosmic Gateway》

効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻2400/守1200
相手フィールド上に、光属性モンスターを含む2体以上のモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

 DUEL TERMINAL −反撃のジャスティス!!−で登場した闇属性機械族最上級モンスター
 A・O・Jの一体であり、手札から自身を特殊召喚する召喚ルール効果を持つ。

 特殊召喚効果を持ち、手札同名カードがあれば複数体特殊召喚できる。
 エクストラデッキを含め光属性を使用しないデッキは少ないため、特殊召喚するチャンスは多い。

 しかし条件が相手依存であり、条件を満たせない場合ただ重いだけのモンスターである。
 そこでこちらから相手フィールド上に光属性モンスターを用意する手段をいくつか検討しておきたい。
 具体的には、相手フィールド属性を変更するか、光属性モンスターを相手フィールド特殊召喚することで展開を補助できる。
 例として、前者ならば《DNA移植手術》《帝王の轟毅》、後者ならば壊獣《おジャマトリオ》《雷帝家臣ミスラ》などが挙げられる。
 【壊獣】ではレベル8の壊獣エクシーズ召喚も可能で、特に《怒炎壊獣ドゴラン》とは相性が良い。

 サーチ手段としては《黒き森のウィッチ》《魔導契約の扉》《クリフォート・ゲニウス》等がある。
 《黒き森のウィッチ》召喚ルール効果に制約は掛からないため、特殊召喚の準備ができているならば、サーチして即座にフィールドに出せる。
 どうしても条件が整わない場合は《トレード・イン》《マシンナーズ・フォートレス》コストに充てることで、ある程度事故率を軽減できる。

 アタッカーとしては不安の残るステータスだが、専用構築からコンボを狙うことで大ダメージも期待できる。
 例えば、《おジャマトリオ》《バトルマニア》とのコンボ1ターンキルが成立する。
 【A・O・J】では召喚権を残しやすいので、《A・O・J アンリミッター》と展開することで相手に大ダメージも与えられる。
 更に《リミッター解除》併用時には攻撃力は9600となり、相手モンスター攻撃力が1600以下ならばこの場合も1ターンキルを狙える。

  • 「コズミック・クローザー(Cosmic Closer)」は、直訳すれば「宇宙の閉塞器」という意味になる。
    英語名は「宇宙の出入り口」となる。
    おそらく、イラストからすると「宇宙からの外敵を(機械で)吸い込み閉じ込める」という意味のA・O・Jなのだろう。
    DTマスターガイドでは「対象を異次元に消し去る」という発想で開発されたが、その性能を発揮できるほどの高出力を得られず、開発は難航したとされている。
    カード名の割にそういった効果を持っていないのはそれが原因だろうか。
    ちなみに、「対象を異次元に消し去る」効果《A・O・J アンノウン・クラッシャー》が持っている。
  • アニメZEXALII(セカンド)の116話で登場した、V(ブイ)が製作した時空移動装置のデザインに使われている。
    本来では《端末世界》でも似たような用途となるはずだったのだろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚の条件の「光属性を含むモンスターが2体以上存在する場合」について詳しく教えて下さい。
A:相手フィールド上に2体以上のモンスターが存在しており、そのいずれかに1体でも光属性モンスターが存在していれば、特殊召喚できます。(08/09/23)


Tag: 《A・O・J コズミック・クローザー》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 機械族 攻2400 守1200 A・O・J

広告