A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス) サイクルリーダー/Ally of Justice Cycle Reader》

チューナー(効果モンスター)
星3/闇属性/機械族/攻1000/守1000
このカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。
相手の墓地の光属性モンスターを2体まで選択し、ゲームから除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−で登場した闇属性機械族下級モンスターチューナー
 手札から墓地へ捨てることで、墓地光属性モンスターを2体まで除外する誘発即時効果を持つ。

 A・O・Jに多いサイドデッキ向けのカードで、光属性に対しては《D.D.クロウ》を超える力を発揮する。
 また「2枚まで」なので、1枚しか除外できない場合でも効果が使える。
 【聖刻】を初めとした光属性中心のデッキに対しては効果的で、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》を間接的に阻止する事もできる。

 その《D.D.クロウ》と比べると属性が同じで、墓地へ送った後は逆にこちらがカオスなどに繋ぐ事ができる点は同じである。
 しかしあちらがどんなカードでも除外出来るのに対し、こちらは相手墓地光属性モンスターがいないと発動できず、送りたくても墓地に送れない可能性もある。
 幸い《エフェクト・ヴェーラー》を初めとして墓地に行きやすい光属性モンスターは多いため、それらの除外を狙うといいだろう。
 【アーティファクト】特殊召喚チェーンして除外すれば実質的に除去することができる。
 また【武神】相手にも墓地に存在する厄介な武神器をまとめて除外できるためそれらのデッキへのメタとして注目されている。

 またこちらはチューナーレベル3であるため、効果適用できなくともシンクロ召喚ランク3のエクシーズ召喚に繋げられるのでその点では腐りにくい
 《リミット・リバース》等にも対応するため、墓地に落とした後も活用方法は多い。
 サーチが利きやすいので、【カラクリ】のようなデッキでは二重に事故を防止できる。
 ただいずれにしろ、特殊召喚しやすいモンスターを併用するなどして極力腐らないように努めたい。

 【A・O・J】としては、A・O・J《DNA移植手術》墓地光属性には干渉できないため扱いにくく、チューナーである点も展開力が低いため扱いにくい。
 だが、能動的に墓地に送れるため蘇生から展開を行う手段にする事はできる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発即時効果です。(09/08/04)

Q:対象をとりますか
A:取ります。なお、2体選択した後チェーンによって効果処理時に1体が墓地を離れた場合でも、残りのもう1体を除外できます。(09/12/14)

Q:2枚までなので0枚を選択することはできますか?
A:1体か2体を選択するので不可能です。(09/08/13)


Tag: 《A・O・J サイクルリーダー》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 機械族 攻1000 守1000 A・O・J

広告