ABC(エービーシー)−ドラゴン・バスター/ABC-Dragon Buster》

融合・効果モンスター(制限カード)
星8/光属性/機械族/攻3000/守2800
「A−アサルト・コア」+「B−バスター・ドレイク」+「C−クラッシュ・ワイバーン」
自分のフィールド・墓地の上記カードを除外した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる。(「融合」は必要としない。)
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):相手ターンにこのカードをリリースし、
除外されている自分の機械族・光属性のユニオンモンスター3種類を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−海馬瀬人−で登場した光属性機械族融合モンスター
 手札コスト1枚でフィールドのカード除外する誘発即時効果、自身をリリースしてユニオン帰還させる誘発即時効果を持つ。
 また、《AtoZ−ドラゴン・バスターキャノン》融合素材でもある。

 《XYZ−ドラゴン・キャノン》と似た召喚条件を持つ。
 こちらは融合素材墓地からも除外できる他、融合素材が相互にサーチ特殊召喚を行えるので、あちらよりも特殊召喚はしやすい。
 融合素材3種はいずれもレベル4であるため、ランクエクシーズモンスターで戦線を維持しつつ墓地に必要な3体を揃えるのも難しくはない。
 機械族なので、《ギアギガント X》と併用すればスムーズに準備を整えられる。
 《ユニオン格納庫》があれば融合素材の内2種類をフィールドに出せ、特殊召喚も容易になる。
 《キメラテック・ランページ・ドラゴン》ライトロードを採用し、墓地融合素材を送り込んで特殊召喚する手もある。

 (1)はフリーチェーン発動できる除外効果
 相手ターンでも発動できるので、コストとなる手札を温存しておくだけで相手にとって大きなプレッシャーとなる。
 また、相手ターンならばこの効果チェーンして(2)の効果発動する事で、《スキルドレイン》もすり抜けて除去を行える。
 ただし対象をとる効果であるため、《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》等、このカードよりも高い攻撃力を持つ効果の対象にならないモンスターは対処が難しい。

 (2)の効果は自身をリリースしてユニオン帰還させる効果
 こちらは相手ターンでしか使用できないが、単体除去チェーンしてサクリファイス・エスケープしたり、次のターンに素材3体のエクシーズ召喚に繋げたりと用途は多い。
 自分ターン相手除去カードを受けた場合は身動きが取れないため、手札に余裕があるならば(1)の効果相手ターン中に相手伏せカード除去したい。
 また相手ターンであっても、壊獣モンスター《サタンクロース》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》などによるリリースには警戒が必要。

 このカード自身に蘇生帰還の制限がないのも利点であり、(2)の帰還効果と合わせれば同時に複数体並べる事も比較的容易である。
 一度このカードを出すことができれば、(2)の効果ユニオンモンスター帰還させ、エクシーズ素材などに利用し再び墓地へ送り、それらを除外し2枚目のこのカードを出す、と繰り返すことでアドバンテージを拡大させられる。
 リンクモンスターとも相性が良く、融合素材とした3体を帰還させ、リンクモンスターにした後、墓地融合素材3体を除外して2体目を特殊召喚可能。

関連カード

特殊召喚できる光属性機械族ユニオンモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚の際、裏側守備表示《A−アサルト・コア》除外できますか?
A:はい、できます。(16/06/23)


Tag: 《ABC−ドラゴン・バスター》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 光属性 機械族 攻3000 守2800 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可 融合召喚不可

広告