B・F(ビー・フォース)決戦(けっせん)のビッグ・バリスタ/Battlewasp - Ballista the Armageddon》

シンクロ・効果モンスター
星12/風属性/昆虫族/攻3000/守 800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の昆虫族モンスターを全て除外して発動できる。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力は、
除外されている自分の昆虫族モンスターの数×500ダウンする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):S召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
除外されている自分のレベル11以下の昆虫族モンスター3体を選んで特殊召喚する。

 COLLECTION PACK−革命の決闘者編−で登場した風属性昆虫族シンクロモンスター
 特殊召喚に成功した場合に墓地昆虫族除外することで全体弱体化を行う誘発効果貫通ダメージを与える永続効果シンクロ召喚した状態で相手によって破壊された場合にレベル11以下の昆虫族3体を帰還できる誘発効果を持つ。

 (1)は除外された昆虫族に比例した全体弱体化
 【昆虫族】主体ならば大幅な弱体化を望め、大きな戦闘ダメージを期待できる。
 しかし、全ての昆虫族除外するため小回りが利かず、《デビルドーザー》《ジャイアントワーム》等とは相性が悪い。
 召喚条件除外コストが無くなり、また弱体化の数値は変わらないためである。
 逆に言えば、1体でも除外できる昆虫族墓地に存在すれば効果発動でき、大抵の場合シンクロ素材としたモンスターで条件を満たせるため、このカードシンクロ召喚する前に《デビルドーザー》等を並べておけば効率的に墓地リソースを運用できる。
 昆虫族には墓地を利用するものが多いため、効果発動する場合はそのターンに勝負を決められるようにしたい。

 (2)は貫通効果
 攻撃力は高く、縛りがないシンクロモンスターであることも含め、あって困ることはない。

 (3)は破壊された場合にレベル11以下の昆虫族帰還させる効果
 自身とレベルを持たないモンスター以外はほぼ全てが帰還対象となる。
 (1)の効果除外したモンスター帰還させれば、再びこのカードシンクロ召喚して(1)の効果を狙える。
 とはいえ相手破壊依存のため、狙えたら狙うぐらいの運用でいい。

 (1)で墓地リソースを大幅に消費するので、仕留められなかった場合は後が苦しくなるのが大きな悩み処。
 (3)は相手依存であるため発動に期待し難く、発動できなかった場合は消費を取り戻すことが難しくなる。
 特に(1)にチェーンして《強制脱出装置》などの破壊以外の除去を受けた場合は、ボード・アドバンテージ墓地アドバンテージの両方を消費しただけになりかねない。
 他のモンスターで勝負を決められる場合はそちらを優先する事も視野に入れた上で使用したい。

 縛りの無い汎用レベル12シンクロモンスターとして見た場合、同攻撃力で有用な耐性を備える《炎斬機ファイナルシグマ》《A BF−神立のオニマル》が存在する。
 前者は戦闘ダメージ倍加、後者はシンクロ素材次第では攻撃力6000となるため、いずれも戦闘ダメージを稼ぎやすくこちらより汎用性は高い。
 こちらを優先する場合は貫通効果を活かすか、スピードロイドWWのような風属性特殊召喚制限がかかるカードを使用する場合に投入したい。
 また、デッキを選ばず投入できる昆虫族には《増殖するG》が存在するため、(1)の弱体化効果発動自体は【昆虫族】以外でも難しくはない。
 それらのデッキでは、【昆虫族】と違い墓地昆虫族を全て除外しても殆どデメリットにならないため、気軽に(1)を発動できるだろう。

  • 「遊矢vsシンジ」戦でシンジが使用した永続罠《蜂の陣》のイラストに描かれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《B・F−決戦のビッグ・バリスタ》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星12 風属性 昆虫族 攻3000 守800 B・F

広告