BF(ブラックフェザー)弔風(とむらいかぜ)のデス/Blackwing - Decay the Ill Wind》

チューナー・効果モンスター
星4/闇属性/鳥獣族/攻1000/守1000
「BF−弔風のデス」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
自分フィールドの「BF」モンスター1体を対象とし、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●対象のモンスターのレベルを1つ上げる。
●対象のモンスターのレベルを1つ下げる。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動する。
自分は1000ダメージを受ける。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した闇属性鳥獣族下級モンスターチューナー
 召喚・特殊召喚に成功した時にBFレベルを変更する誘発効果墓地へ送られたターンエンドフェイズダメージを受ける誘発効果を持つ。

 (1)の効果は自身のレベルも変更可能なので、状況に合わせてレベル3〜5のチューナーとして扱える。
 《BF−砂塵のハルマッタン》と組み合わせると合計レベルを5〜8・10・12に変えることができ、高い柔軟性を誇る。
 《BF−蒼炎のシュラ》リクルートすれば、ランク4とレベルシンクロモンスターの使い分けもできる。
 攻撃力も低いため《黒い旋風》からのサーチも容易である。

 (2)は墓地へ送られたターンエンドフェイズダメージを受けるデメリット効果
 発動エンドフェイズと遅いため、《H・C サウザンド・ブレード》《ガード・ペンギン》等のダメージトリガーとするカードと併用するにしても次の展開に活かしにくい。
 高い性能の代償としては受容できる程度のデメリットなので、無理に活用方法を考えなくても良いだろう。
 エンドフェイズ墓地に存在しなければ発動しないため、他のカードの効果除外したり手札デッキに戻してしまうのも手。

 レベル4の闇属性チューナーとしては召喚制限などがなく、デメリットも大きくない上にレベル操作も可能と、【闇属性】全般で採用を検討できる。
 ダメージトリガーとして墓地を肥やす効果を持つ《玄翼竜 ブラック・フェザー》なども有効活用しやすくなる。
 また、自身のレベルを5にすれば、《サイバー・ドラゴン》などと併用して《アルティマヤ・ツィオルキン》特殊召喚しつつ《玄翼竜 ブラック・フェザー》を出すこともできる。
 【RR】に採用すれば、《RR−フォース・ストリクス》からサーチが出来る上に主力のRRモンスターレベル4であるため、【RR】レベル7・8・9のシンクロ召喚が可能になる。

  • Vジャンプ2016年2月号内のアニメ特集記事では弔風のルビが「ちょうふう」となっていた。
  • モチーフには縁起の悪いハゲタカが使われている。
  • 英語名では「Death(死)」が使えないため、代わりにハゲタカの食性にちなんだ「Decay」が使われている。
  • 使用者がデュエルに敗北するという重いデメリットを持つカードを使用したデュエリストが、その効果以外の要因で敗北した例は初めてである。
    結果的にはデュエルそのものに影響しない効果ではあったが、作中の台詞からするとクロウの覚悟を示すために設定された効果だったのだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《BF−弔風のデス》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星4 闇属性 鳥獣族 攻1000 守1000 BF

広告