(チェーン)・ドラゴン/Iron Chain Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星6/地属性/ドラゴン族/攻2500/守1300
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分の墓地の「C(チェーン)」と名のついたモンスターを全てゲームから除外する。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで、
この効果で除外したモンスターの数×200ポイントアップする。
また、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した地属性ドラゴン族シンクロモンスター
 自分墓地(チェーン)モンスターを全て除外する事で自己強化する起動効果と、自身が戦闘ダメージを与えた時にデッキ破壊する誘発効果を持つ。

 自己強化効果墓地(チェーン)を全て除外する割に上昇値が低く、非常に扱いづらい。
 主力となる《C・リペアラー》効果を阻害してしまう等、同じカテゴリモンスターにもかかわらず連携が取りにくいのも難点。
 そもそも《C・リペアラー》と唯一の(チェーン)チューナーである《C・コイル》の組み合わせで出せず、【C(チェーン)】で利用する機会もまず無い。

 デッキ破壊効果強制効果のため必ず発動しなければならず、使わないことはできない。
 墓地回収を行わないペンデュラムモンスターを多く採用するデッキには有効な場合もあるが、墓地アドバンテージを活用するデッキも多いため、デメリットになる場合も多い。
 また、ビートダウンをあまりおこなわない【デッキ破壊】での採用はチューナーを用意する上に削る枚数が3枚では難しい。
 墓地アドバンテージを活用する相手では実質腐ると同然であるのも、枠が厳しい現在では難点である。

 一応、《デブリ・ドラゴン》から出せるレベル6のドラゴン族シンクロモンスターの中では最高の攻撃力を持っている。
 だが、除去効果を持つ《レッド・ワイバーン》《瑚之龍》とは100しか違わない上、それらより優先できる状況がほとんどないのが実情である。
 《レッド・ワイバーン》《瑚之龍》なら、攻撃力2500以上の相手でも破壊効果で対処できてしまうため、やはり採用は難しいだろう。

  • アニメZEXALのPVでは一般生徒が使用していたが、本放送時には姿が見られなかった。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:墓地の「(チェーン)」を除外するのはコストですか?効果ですか?
A:効果です。(08/08/11)


Tag: 《C・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 地属性 ドラゴン族 攻2500 守1300 C(チェーン)

広告