D−HERO(デステニーヒーロー) ダスクユートピアガイ/Destiny HERO - Dusktopia》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/戦士族/攻3000/守3000
「D−HERO」融合モンスター+「D−HERO」モンスター
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):1ターンに1度、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは戦闘・効果では破壊されず、
そのモンスターの戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 COLLECTORS PACK 2017で登場した闇属性戦士族融合モンスター
 融合召喚に成功した場合にモンスター融合召喚できる誘発効果モンスター1体に破壊耐性を付与し、そのモンスター戦闘で発生する戦闘ダメージを0にする誘発即時効果を持つ。

 融合モンスター融合素材に要求するため、融合召喚には工夫が必要になる。
 《V・HERO ヴァイオン》があれば《E・HERO シャドー・ミスト》墓地へ送り、《D−HERO ディアボリックガイ》サーチし、《V・HERO ヴァイオン》《融合》サーチすることで融合素材を揃えられる。
 このカードを出すにはそこにもう一枚《融合》が必要だが、それでも手札は2枚で済む。
 《融合再生機構》があれば、サーチした《D−HERO ディアボリックガイ》手札コスト《融合》サーチでき、融合素材の回収もできる。
 《捕食植物サンデウ・キンジー》起動効果《D−HERO ディアボリックガイ》融合素材《D−HERO デッドリーガイ》を出し、《D−HERO ディアボリックガイ》リクルートして《融合》を使っても3枚で済む。

 D−HERO融合モンスターはいずれもD−HERO融合素材に指定しているため、融合召喚後に《融合回収》を使えば融合素材《融合》は揃えられる。
 《魔玩具補綴》《融合》融合素材となるエッジインプサーチできる。
 闇属性ペンデュラムモンスター2体から《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》を出し、自分墓地D−HEROカード名をコピーし、D−HERO融合モンスターにする手もある。

 (1)は融合召喚を行える効果だが、このカード融合召喚に成功した場合にしか使用できない。
 そのためリンクモンスターを用いてリンク先を用意しなければ、他の融合モンスターを出すことはできない。
 一応、このモンスター自身を融合素材にするか、この効果の発動チェーンして《亜空間物質転送装置》などでこのカードエクストラモンスターゾーンから離せばリンクモンスターを使わずとも別の融合モンスター融合召喚可能。
 このカード自身を融合素材とし、《再融合》等で蘇生させるのも手であり、その際はこのカード自身が2体目以降の《D−HERO ダスクユートピアガイ》の融合素材にできる。
 融合モンスター融合素材として墓地に複数置けるため、《HEROの遺産》発動条件を満たせる。
 だが、自身が融合モンスター融合素材にする重い融合モンスターであるため、この効果融合召喚を行う余力が残らない場合もある。
 融合召喚型の【D−HERO】においては展開の最終形であり、このカードを出した後で他に出したい融合モンスターが特にいないのも難点である。

 (2)はモンスター1体に破壊耐性戦闘ダメージを0にする効果を付与するもの。
 自身に使用することも可能であり、実質的に破壊耐性を持つことになる。
 しかし、現環境では破壊以外の除去が蔓延しており簡単に除去されてしまう場合が多く、あまり過信はできない。
 融合素材の消費が激しく、そこまでして守備的なモンスターを出しても勝利にはつながりにくい。
 また、D−HERO耐性をつけたいなら墓地《D−HERO ドレッドガイ》《戦線復帰》などで蘇生させる手もある。
 そちらの方が少ない消費で出せるため、この効果は大きなメリットとは言い難い。

 また、同じ素材からは《捕食植物ドラゴスタペリア》を出すことが可能であり、凶悪なモンスター効果が蔓延する現状、拘束力はあちらの方が高い。
 他にも1ターンキルも可能な《V・HERO トリニティー》も出せる場合が多く、手間がかかる割に出すメリットもそこまで大きくないこのカードを優先しづらいのが現状である。

 一方《幻想召喚師》《チェーン・マテリアル》によるデメリット付きの踏み倒しとは相性がよく、自身の効果自壊を回避できる。
 そのため、真面目に正規融合するよりこれらの手順を利用した方が使い勝手はいいかもしれない。
 もっともその場合も、耐性に加え除去能力を持つ《幻奏の華歌聖ブルーム・ディーヴァ》の存在から投入には一考を要する。

 使うならリンクモンスターの併用がほぼ必須で、(1)の効果特殊召喚するための枠の確保ができ、(2)の効果リンクモンスターに使うことでリンク先が減ることを防げるので相性は良い。
 《スケープ・ゴート》などトークンを複数出すカードと併せればリンクモンスターを出しやすく、(1)の効果《始祖竜ワイアーム》などの融合素材にできる。

  • 英語で「dusk」は「夕暮れ、黄昏」を、「utopia」は「理想郷」を意味する。
    他の多くのD−HEROの命名則を踏まえつつ、《D−HERO ディストピアガイ》と対になったネーミングとなっている。
    また、トマス・モアの原理的なユートピアにおいて貴金属は軽蔑の対象だが、このモンスターは黄金に輝いている。
    ただ、南米アマゾンの奥地にあるとされた「黄金郷エル・ドラード」は理想郷伝説の一つでもあり、黄金の理想郷という点では原理的なものよりも、こちらの方が近い。
  • 英語名では「Dusktopia」と簡略されており、名前からは「utopia」に関する要素が見出しにくい。
  • 黄金の体色や右肩の建造物など、ダークヒーローをモチーフにした既存のD−HEROには見られない異色なデザインである。
    右肩の建造物はマヤの神殿と類似している。
  • 効果名において「アナスタシス」はギリシャ語で「立ち上がること」、「グリーム」は輝き・煌きをそれぞれ意味する。
  • 劇中でエド・フェニックスがこのカードの(2)の効果発動した際、このモンスターが全身から発する光でユーゴの自我を取り戻させる描写があった。
    ズァークの意識に対して、何らかの力を持っていたようだが、詳細が語られることはなかった。
  • 劇中でこのモンスターが登場したのは「ユーゴvsユーリvsエド&カイト」戦の一度だけで、その後の「エド&素良vsズァーク」戦では登場していない。
    またこのデュエルでは相手ターン融合召喚されたため、作中で(1)の起動効果が使用されることはなかった。

関連カード

融合素材にできるD−HERO融合モンスターD−HEROを参照。

収録パック等


Tag: 《D−HERO ダスクユートピアガイ》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星10 闇属性 戦士族 攻3000 守3000 HERO D−HERO

広告