D−HERO(デステニーヒーロー) ディアボリックガイ/Destiny HERO - Malicious》

効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「D−HERO ディアボリックガイ」1体を特殊召喚する。

 デュエリストパック−エド編−で登場した闇属性戦士族上級モンスター
 D−HEROの一体であり、墓地の自身を除外することで同名カードデッキから特殊召喚する起動効果を持つ。

 低ステータス上級モンスターだが、予め墓地へ送っておけば、手札フィールドのカードを消費せずにモンスター特殊召喚できる。
 似た効果《闇・道化師のペーテン》と比較すると、効果発動タイミングを任意で決められるため、柔軟性に富んでいるのが利点。
 反面、2枚目が手札に来ると効果を活用し難くなる点と、上級モンスターゆえに手札事故の危険がある点で劣る。
 単純にアドバンス召喚するのは効率が悪いため、《デステニー・ドロー》《終末の騎士》等を利用して墓地へ送るのが効果的である。

 《ゾンビキャリア》とのシナジーは抜群で、レベル8のシンクロモンスターに繋げられる上に、あちらの自己再生時に手札でダブってしまったこのカードを戻したり、こちらの効果シャッフルさせてドローロックデメリットを回避したりできる。
 シンクロ召喚先として《PSYフレームロード・Ω》が非常に有用で、このカード《ゾンビキャリア》除外から墓地戻す事ができる。

 最後まで使うと墓地に1枚残ってしまうが、《大欲な壺》《平行世界融合》デッキに戻せば再利用可能。
 攻撃力800であるため《ブラック・ガーデン》蘇生効果で利用していくのも有効である。

  • 日本名の「ディアボリック(Diabolic)」とは「残忍な」「悪魔のような」の意。
    一方で、英語名の「Malicious」は「悪意ある」「腹黒い」といった意味である。
    その日本語の通りに「入手が非常に困難」、「高いのに1枚では意味を成さない」、そしてD−HEROにとっては《デステニー・ドロー》の規制の一因にもなったという、ある意味「残忍な」カードとなった。
  • 遊戯王ONLINE DUEL ACCELERATORでは、CPUの不動遊星(LV3)が使用してくる。

関連カード

―類似効果

英語名関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《D−HERO ディアボリックガイ》がデッキに存在しないと判明している状態で、墓地にあるこのカード効果を使えますか?
  (空撃ちは可能ですか?)
A:いいえ。できません。(08/04/04)

Q:ターンプレイヤー《手札抹殺》を使いました。
  この効果処理終了のタイミングで相手プレイヤーターンプレイヤー墓地に存在する《D−HERO ディアボリックガイ》を《D.D.クロウ》除外したいと思っています。
  その発動の前に優先権で《D−HERO ディアボリックガイ》の起動効果発動することは出来ますか?
A.《手札抹殺》効果処理が終了したタイミングで《D−HERO ディアボリックガイ》の効果発動する事はできません。
  この起動効果発動には、処理終了時のお互いの優先権の放棄後となります。
  一方《D.D.クロウ》クイックエフェクトであるため《手札抹殺》効果処理が終了したタイミングでの発動が可能です。
  《D−HERO ディアボリックガイ》の発動前に除外することが可能です。(08/11/09)


Tag: 《D−HERO ディアボリックガイ》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 戦士族 攻800 守800 HERO D−HERO

広告