D−HERO(デステニーヒーロー) ディパーテッドガイ/Destiny HERO - Departed》

効果モンスター
星2/闇属性/戦士族/攻1000/守   0
自分のスタンバイフェイズ時にこのカードが墓地に存在する場合、
相手フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚される。
このカードが戦闘で破壊された場合、墓地へは行かずゲームから除外される。
このカードが手札またはデッキからカードの効果によって墓地へ送られる場合、
墓地へは行かずゲームから除外される。

 PHANTOM DARKNESSで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 D−HEROの一体であり、自分スタンバイフェイズ時に墓地に存在する時に相手フィールド上に特殊召喚される誘発効果と、特定の条件で除外されるルール効果を持つ。

 墓地発動する効果を持つが、後半の効果から《おろかな埋葬》《終末の騎士》等に対応しない。
 また、リクルーターからフィールドに出すと相手戦闘破壊され、そのまま除外される事もある。
 確実性と速効性を求めるなら、《オーバー・デステニー》フィールドに出し、リリースに使うなどするとよい。
 エンドフェイズまでに処理できなくてもデメリットによって自動的に破壊される。
 また効果ではなくコストであれば除外されないので、手札から《デステニー・ドロー》《D−HERO ダンクガイ》等で墓地へ送る手もある。

 相手フィールド特殊召喚された後は攻撃して戦闘ダメージを与える、《D−HERO Bloo−D》装備カードにする、《クロス・ソウル》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》リリースする等の使い方が挙げられる。
 しかし強制効果であるため、上記のようなコンボの準備が整っていない場合、敵に塩を送るだけになりかねない。
 リンク素材などに使われれば、相手アドバンテージを与えてしまう。

 《洗脳解除》発動していれば、《マクロコスモス》《異次元の偵察機》のような無限リリース要員にはなる。
 《王宮の鉄壁》除外を防ぎ、特殊召喚され続けるサンドバッグにするという手もある。

 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》を併用し、あちらのリンク先となる相手フィールド蘇生させれば自分スタンバイフェイズ毎に全体除去発動できる。
 効果破壊なので除外されることもなく、《黄泉ガエル》と異なり魔法・罠カードの有無も関係なく使える。

 《聖戦士カオス・ソルジャー》《天地開闢》コンボに組み込む手もある。
 《天地開闢》でこのカードを含む3枚を選べば、このカード墓地へ行かず除外される。
 《聖戦士カオス・ソルジャー》召喚特殊召喚した場合、除外されているこのカード墓地に戻すことで除外効果発動できる。
 さらに相手フィールド蘇生されるため、《聖戦士カオス・ソルジャー》戦闘破壊してサルベージ効果発動できる。

  • 「ディパーテッド(Departed)」とは「故人」を意味する。
    外見はスーツを着たミイラ男でアンデット族のような出で立ちある。
    左胸に暗い水色(灰色)の花の装飾があり、一見すると胸部に穴が空いているように見える。
    また、「Depart」には、「立ち去る・出発する」という意味がある。
    自分の元を立ち去り、相手フィールド上に特殊召喚される効果を表していると言えるだろう。
  • アニメARC-Vの「遊矢vsエド」(1戦目)でエドが使用した永続魔法《D−デス・マッチ》のイラストに描かれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《王虎ワンフー》が存在する場合、無限ループが発生してしまうのですか?
A:《王虎ワンフー》と《D−HERO ディパーテッドガイ》の効果無限ループになる状況では、《D−HERO ディパーテッドガイ》の効果発動しません。(07/11/27)
  《生還の宝札》《光と闇の竜》が存在している等の場合も同様です。(08/08/20)

Q:《王虎ワンフー》《ダークゾーン》が存在する場合、特殊召喚できますか?
A:可能です。(07/12/03)


Tag: 《D−HERO ディパーテッドガイ》 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 戦士族 攻1000 守0 D−HERO HERO

広告