D−HERO(デステニーヒーロー) ドレッドガイ/Destiny HERO - Dreadmaster》

効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻   ?/守   ?
「幽獄の時計塔」の効果で特殊召喚した場合、
自分フィールド上の「D−HERO」と名のついたモンスター以外の
自分のモンスターを全て破壊する。
その後、自分の墓地から「D−HERO」と名のついたモンスターを
2体まで特殊召喚する事ができる。
このカードが特殊召喚されたターン、自分フィールド上の
「D−HERO」と名のついたモンスターは破壊されず、
コントローラーへの戦闘ダメージは0になる。
このカードの攻撃力・守備力は、自分フィールド上のこのカードを除く 
「D−HERO」と名のついたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した闇属性戦士族最上級モンスター
 《幽獄の時計塔》効果特殊召喚に成功した場合にD−HERO以外の自分フィールドモンスター破壊してD−HEROを2体まで蘇生する誘発効果D−HERO破壊耐性を付与するルール効果自分フィールドD−HEROの総攻撃力分の攻撃力守備力を得る永続効果を持つ。

 専用サポートカードである《幽獄の時計塔》特殊召喚し、自身の効果D−HEROを2体まで蘇生
 蘇生したモンスターによって自己強化アタッカーとして戦う、というのが、登場当初の運用方法であった。
 だが、《幽獄の時計塔》による特殊召喚は8ターンも掛かるため、高速化する今日のデュエルでは実現が難しい。
 こちらの方法での特殊召喚については《幽獄の時計塔》のページを参照。

 むしろ今日では、D−HERO破壊耐性を与える効果特殊召喚方法を問わず適用される点を活かし、【D−HERO】における防御カードとしての役割が重視される。
 《D−HERO ドミネイトガイ》蘇生する3体のD−HEROの中にこのカードを含める事で、他のD−HEROを守り次ターンリンク召喚融合召喚の素材を残すのが基本運用。
 相手攻撃全体除去に対して《リビングデッドの呼び声》等で蘇生すれば、戦闘破壊除去を回避できる。
 《オーバー・デステニー》とは好相性で、D−HEROが増える事でこのカード攻撃力は上がり、リクルートしたD−HERO自壊デメリット無効となる。
 また、特殊召喚時に《つり天井》《激流葬》を組み合わせる事で、一部の耐性モンスターを除くD−HERO以外のモンスターを殲滅できる。
 なおこの効果は、このカード特殊召喚時にはフィールドに存在していないD−HEROにも適用される。

 アタッカーとしては、攻撃力守備力フィールドD−HEROに左右され不安定。
 加えてメインデッキD−HEROは全体的に攻撃力が低めなので、できれば隣にはD−HERO融合モンスターを並べたい。
 《D−HERO ディストピアガイ》《D−HERO ダイヤモンドガイ》を並べるだけでも攻撃力は4000を超えるので、爆発力は高いといえる。
 逆に高い攻撃力が得られそうになければ、さっさと《X・HERO クロスガイ》リンク素材等として消費してしまうのも手である。

  • ドレッド(Dread)とは「戦慄」、「恐怖」の意。
  • モデルは、17〜18世紀初頭のフランスに実在した「鉄仮面」と呼ばれる囚人と思われる。
    仮面で顔を隠したこの囚人は、他の囚人とは別格の扱いを受け、30年余りを独房の中で生きた後、幽囚のままに死んだ。
    その扱いから高貴な人物と思われるが、現在に至るまで素性が一切分かっていない謎の男である。
    その正体は「王族・貴族の隠し子、あるいはそれに関わる存在してはまずい人物だ」等の説が当時から囁かれていた。
    近年では、「執政に関わる人物の汚職を知ってしまったゆえに投獄された人物」という説も有力である。
    なお実際に着用していたのは鉄ではなく布の仮面であり、また人と会わない時は仮面を外していたようである。
  • ちなみに、鉄仮面の囚人が収監されていたのはフランスのバスティーユ牢獄である。
    このモンスターが幽閉されているという《幽獄の時計塔》のモチーフはイギリスのビッグベンと思われ、若干噛み合っていない。
  • 「十代vsエド」(2戦目)では、このカードに斎王の力が宿っているような描写が見られた。
    その力を伴ったこのカードにとどめを刺された事で、十代は少しの間カードが白紙に見える・精霊の存在を確認できないといった状態に陥っていた。

関連カード

―《D−HERO ドレッドガイ》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:自分モンスターを全て破壊した後D−HERO特殊召喚する効果は一連の誘発効果
  攻撃力守備力を変化させる効果永続効果。(13/09/23)
  D−HERO破壊されず戦闘ダメージが0になる効果は、チェーンブロックを作らない、誘発効果とも永続効果とも異なる効果です。→ルール効果
  なお、この破壊されず戦闘ダメージが0になる効果は《D−HERO ドレッドガイ》が特殊召喚に成功した後にフィールド召喚されるなどしたD−HEROにも適用されます。
  また《D−HERO ドレッドガイ》が特殊召喚に成功した後に《D−HERO ドレッドガイ》がフィールドを離れたとしてもターンの間は有効です。(14/02/07)

Q:このカードの効果によって変動する攻撃力守備力は、このカード元々の攻撃力と守備力ですか?
A:いいえ。このカードの効果によって変動する攻守は、このカードの現状の攻守です。
  例を挙げると、《D−HERO デビルガイ》のみがフィールドにいる時の攻撃力守備力は600となります。
  このカードフィールドにいる時の元々の攻撃力と守備力は0になります。
  ちなみに固定された攻守ではないので、他のカードによって攻守増減ができます。

Q:D−HERO以外のモンスター破壊する処理が行われなかった場合、D−HEROモンスター特殊召喚する処理は行われますか?
A:《D−HERO ドレッドガイ》の効果によってモンスター破壊できなかったとしても、D−HEROを2体まで特殊召喚できます。(16/11/26)

Q:D−HERO以外のモンスター破壊する効果は、裏側表示D−HERO破壊しますか?
A:はい、破壊します。(10/07/02)

Q:《D−HERO ドレッドガイ》が特殊召喚されたターン《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果に対して《天罰》発動しました。
  《D−HERO ダイヤモンドガイ》発動効果無効にする事は可能ですか?
A:無効になります。しかし《D−HERO ドレッドガイ》の効果によって《D−HERO ダイヤモンドガイ》破壊されません。(08/08/20)

Q:《D−HERO ドレッドガイ》が特殊召喚されています。
  そのターン《エクシーズ・ダブル・バック》エクシーズモンスターD−HERO特殊召喚した場合、D−HERO破壊されずに済みますか?
A:はい、その場合D−HERO破壊されず、エクシーズモンスターの方だけが破壊されます。(16/04/15)

Q:《D−HERO ドレッドガイ》が特殊召喚されています。
  そのターンに、アドバンス召喚された《D−HERO ダッシュガイ》《帝王の凍志》発動した場合その《D−HERO ダッシュガイ》戦闘で負ける場合戦闘破壊されてしまいますか?
A:はい、《帝王の凍志》によって効果を受けられないため、戦闘で負ける場合は戦闘破壊されます。(16/04/15)

Q:戦闘を行う自分モンスターD−HERO以外の場合でも戦闘ダメージは0になりますか?
A:はい、自分モンスターの種類に関係なく戦闘ダメージは全て0になります。(16/07/04)


Tag: 《D−HERO ドレッドガイ》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 戦士族 攻? 守? HERO D−HERO

広告