(ディー)−フォーメーション/D - Formation》

永続魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「D−HERO」と名のついたモンスターが破壊される度に、
1体につき1つDカウンターをこのカードに置く。
自分のメインフェイズ時にモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時、
Dカウンターが2つ以上乗ったこのカードを墓地に送る事で、
召喚・特殊召喚したモンスターと同名カードを2体まで自分のデッキ・墓地から手札に加える。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した永続魔法
 条件を満たすことでこのカードと引き換えに、召喚特殊召喚したモンスター同名カードを2枚までサーチサルベージできる効果を持つ。

 同名カードを2枚まで手札加えることができ、このカード1枚が手札2枚に化けることになる。
 サーチサルベージ双方が可能であるため、除外されていなければ同名カードフィールドに1枚、手札に2枚の計3枚揃えられる。
 どのモンスター手札加えられるが、効果の発動D−HEROが必要なので【D−HERO】での使用が基本となる。

 サーチサルベージ効果発動するためにはD−HERO2体の破壊が必要となる。
 D−HEROの大半はステータスが低く戦闘破壊されることが多いため、Dカウンターは割と乗りやすい。
 1度に2体破壊された場合でも条件を満たせるため、《激流葬》等で効果的に発動可能な状態に持っていける。
 ただし、《サイクロン》等によるこのカード破壊に加え、《マインドクラッシュ》による手札加えたカード全ての叩き落としには警戒したい。
 戦闘破壊効果破壊の両方に対応する上、破壊されたカード除外されても構わないと条件は緩いので早めに満たせるだろう。
 もっとも、《マクロコスモス》が存在するとDカウンター置くまではできるが、このカード墓地へ送れないためサーチサルベージ効果は使えない。

 自分効果破壊した場合でもDカウンターを乗せることができるため、《天空の虹彩》メタルフォーゼペンデュラム効果などを使うのも手か。
 アドバンテージを失いにくく、サーチしたモンスターペンデュラム召喚で一気に展開できる。
 《ドラゴニックD》なら《真竜皇リトスアジムD》などをサーチした後、フィールドD−HEROを含むモンスター破壊することで特殊召喚しつつDカウンターを乗せることができる。

 サーチ対象として有力なのは以下の条件を満たすモンスターである。

  1. D−HEROと共存可能、相性が良い。
  2. 無制限カードである。
  3. 召喚特殊召喚がそれほど困難でなく、手札に複数あっても困らない。

 これらの点を考慮すると、《増援》等の戦士族サポートカードが共有できる《E・HERO バブルマン》《マジック・ストライカー》等が候補に挙がる。
 もしくはD−HEROモンスターサーチし、《V・HERO アドレイション》などの融合召喚につなげるのも手か。

 サーチ対象が1種だけでは心細いので、何種類かデッキに選択肢(3枚積みするモンスター)を用意しておきたい。

  • カード名は「ディフォメーション」とかけていると思われる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:Dカウンター置かれる効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(11/04/04)

Q:同名カード手札加える効果処理時召喚特殊召喚したモンスターフィールド表側表示で存在しなくなった場合、手札加える効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(11/01/30)

Q:相手モンスター召喚特殊召喚し、その同名カード自分デッキ墓地に存在する時に、自分がこのカードの効果発動して手札加えることができますか?
A:はい、できます。(12/04/14)

Q:カード名の異なる複数のモンスターが同時に特殊召喚に成功した時に、同名カード手札加える効果発動することはできますか?
  できる場合、手札加えるカードとして、カード名の異なる2種類のモンスターを1体ずつ選ぶことはできますか?
A:はい、発動できます。
  ただし、同名カード手札加えられるのはそのうちの1体だけであり、効果処理時効果適用するモンスターを選びます。(14/11/25)


Tag: 《D−フォーメーション》 魔法 永続魔法

広告