(ディー)−フュージョン/D-Fusion》

通常罠
このカードの効果で融合召喚する場合、「D−HERO」モンスターしか融合素材にできない。
(1):自分フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、戦闘・効果では破壊されない。

 ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−で登場した通常罠
 自分フィールドD−HERO融合素材モンスター墓地へ送って融合モンスター融合召喚し、そのターンそのモンスター破壊されない耐性を与える効果を持つ。

 フリーチェーンのため、追撃や除去回避、チェーン2以降で発動して《激流葬》等の召喚反応型罠カード発動させない、などの動きが可能。
 追加で耐性も付くため、サクリファイス・エスケープにより用いた場合はとしての信頼性も高い。

 その反面、《融合》と比べ罠カードのため遅く、フィールドD−HEROのみしか融合素材にできない大きな欠点があり、専用サポートカードもない。
 D−HEROは積極的な展開力に長けているとは言い難く、フィールドに並べても融合召喚よりもエクシーズ召喚の方が有力な選択肢は多い。
 複数体のD−HEROを展開できるサポートは多くが受動的で、タイムラグや罠カードであり、そこにもう1枚伏せるのは不確実性が高い。
 また、融合素材に関しても、《D−HERO ディアボリックガイ》《D−HERO ダッシュガイ》のように直接手札から墓地へ置く方がよいものも多い。

 融合召喚できる種類も少なく、サポート共有可能なD−HEROに至っては現状で3枚しか存在しない。
 効果の扱いやすさの面でも、《V・HERO アドレイション》《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》等を優先する機会も多いだろう。
 【D−HERO】融合召喚を組み込む際に切り札となる《Dragoon D−END》融合素材の重さからほぼ出せないのも、致命的な欠点となる。
 また【D−HERO】E・HEROを組み込むことも多く、それらを融合素材にできない足枷も大きい。
 特に、《融合》サーチできる《E・HERO ブレイズマン》《沼地の魔神王》で出せる《E・HERO アブソルートZero》等の存在が、HEROにおける《融合》の優先順位を大きく後押ししている。

 罠カード故にフュージョンにも属さず、サーチ手段に乏いため安定した戦術として組み込みにくい。
 フリーチェーンとして見た場合、《超融合》《瞬間融合》もこのカード同様にフィールドに限定されており、《瞬間融合》デメリットもある。
 とはいえ、E・HERO相手モンスターを組み込める恩恵は大きく、セットせずに自分ターンに使える利点もあり、耐性付与を加味しても勝るとは言いづらい。
 基本的には《融合》をメインとして複数枚採用しつつ、フリーチェーン耐性の活用を明確に狙う場合にサブとして採用する形となるだろう。

 《同胞の絆》とは相性が良く、このカードによる融合召喚に必要な融合素材を調達し、相手ターン融合召喚する事であちらの特殊召喚制限をいくらか緩和できる。
 しかし、制約の都合上D−HERO以外のモンスターを出しても融合素材にできないため、《同胞の絆》で出せるモンスターもある程度限られてしまうのが難点となる。

 また、《チェーン・マテリアル》とも相性が良く、フィールドからしか融合素材を用意できないこのカードの欠点をあちらが、発動ターン攻撃を制限され融合モンスター自壊してしまうあちらの欠点をこのカードが補い、互いに補完として機能する。

  • 「明日香vsユーリ」戦で明日香が使用した永続魔法《融合破壊》のイラストに描かれている。

関連カード

イラスト関連

他の効果に頼らずにこのカードで融合召喚できる融合モンスター

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《ジャンク・コレクター》モンスター効果によって、墓地の《D−フュージョン》を除外する事はできますか?
A:《ジャンク・コレクター》モンスター効果発動する際に、墓地の《D−フュージョン》を除外する事はできます。
  ただし、その場合でも、《D−フュージョン》のカードの発動が行われる場合と同様に、「D−HERO」と名のついたモンスターのみを融合素材として、処理が行える状態でなければなりません。(16/08/05)

Q:《沼地の魔神王》対象《融合識別》発動し、《D−HERO ディストピアガイ》を見せました。
  このカード効果で、その《沼地の魔神王》融合素材にできますか?
A:できません。(16/11/20)


Tag: 《D−フュージョン》 通常罠

広告