DDD(ディーディーディー)運命王(うんめいおう)ゼロ・ラプラス》

ペンデュラム・効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻   ?/守   0
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のEXデッキから「DDD運命王ゼロ・ラプラス」以外の
表側表示の「DDD」Pモンスター1体を選んで手札に加える。 
【モンスター効果】
(1):このカードは自分フィールドの「DDD」モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
このカードの攻撃力はダメージステップ終了時まで、
その相手モンスターの元々の攻撃力の倍になる。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(4):このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
その際、自分が受ける戦闘ダメージは0になる。

 遊戯王ARC-V 第3巻 付属カードで登場する闇属性悪魔族最上級ペンデュラムモンスター
 エクストラデッキからDDDペンデュラムモンスター手札加えるペンデュラム効果、自身を手札から特殊召喚できる効果、自身の攻撃力強化する効果貫通効果1ターンに1度戦闘破壊耐性戦闘ダメージを0にする効果を持つ。

 ペンデュラム効果手札に加えられるモンスターは下記のリストを参照。
 毎ターンアドバンテージを稼ぎ得る効果だが、エクストラデッキにそれらのカードがない場合も当然生じ得る。
 展開の要となる《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》を回収できるため、融合素材などにしてエクストラデッキに送るのも良い。

 自分フィールドDDDリリースする事で手札からの特殊召喚が可能である。
 このカードが2枚手札にある場合は、この効果リリースしたDDDを上述のペンデュラム効果で回収できるため無駄が無い。
 DDDエクシーズモンスターリリースすればサーチ効果墓地へ送る効果に繋げられる。

 モンスターとしては元々の攻撃力が不定だが、(2)の効果により実質的に戦闘相手の倍の攻撃力となるため戦闘にはかなり強い。
 ただし、元々の攻撃力の倍であるため相手モンスター効果攻撃力を決定する場合には一方的に殴り負ける。
 モンスター効果無効化は勿論の事、発動を伴う効果なので、発動無効にするモンスター戦闘時に発動を許さないモンスターは天敵と言える。
 一応、その場合でも(4)の効果で1度だけ戦闘破壊戦闘ダメージを防ぐことはできるが、用心はしておきたい。
 また、ダメージ量は相手依存なので、大ダメージを狙うなら壊獣などを併用するといいだろう。
 《EMカレイドスコーピオン》等で攻撃回数を増やす手もある。

 貫通能力も持つため、高攻撃力・低守備力モンスター守備表示にした場合、(2)の効果との相乗作用でかなりの貫通ダメージが期待できる。
 《トーチ・ゴーレム》送りつければ、大ダメージを狙える。
 逆にこのカード自身も守備力が0なので、(4)の効果で1度だけ防げるとは言え表示形式変更と貫通持ちには気を付けたい。

  • モチーフは、物理学で用いられた概念「ラプラスの悪魔」だろう。
    フランスの数学者ラプラスが考案した概念であり、「世界のすべての物質の位置・運動の向きなどすべての要因を完全に把握できる知性体は、すべてを予測する事ができるだろう」という仮定を踏まえ、その知性を持つ存在が後に「ラプラスの悪魔」と呼ばれるようになった。
    現在では、不確定性原理という理論によって「物質のすべての要因を完全に把握」することが不可能(=すべてを見通すことはできない)とされている。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画ARC-Vの「遊矢(ユート・ユーリ)vs零児」戦で零児が使用。
    《DDD超視王ゼロ・マクスウェル》をリリースすることで特殊召喚された。
    《ダーク・アンセリオン・ドラゴン》に攻撃するが、遊矢の罠カード《トリック・バリア》により攻撃対象を《スターヴ・ヴェネミー・ドラゴン》に変更される。
    しかし永続罠OO(ダブルオー)ラッシュ》の効果で2回目の攻撃を可能にしどちらも戦闘破壊した。
    返しのターンに《オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン》と戦闘を行い、あちらの効果攻撃力を5000下げられるも自身の効果により破壊と敗北を免れる。
    直後に横槍が入ったことと双方の事情により、そのままデュエルは中断された。
  • 特殊召喚時の口上は「時の闇に潜むパラダイム。必然の力が因果律の悪魔を呼び覚ます!特殊召喚!!《DDD運命王ゼロ・ラプラス》!!!」。
  • このカードと《オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン》が戦闘する際、辺り一面が光に包まれ遊矢と零児にも何らかの影響が出ていた。
    描写からすると、お互いの中に眠るアダムの因子が関係しているようである。

関連カード

ペンデュラム効果で手札に加えられるDDDペンデュラムモンスター

収録パック等


Tag: 《DDD運命王ゼロ・ラプラス》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星10 闇属性 悪魔族 攻? 守0 スケール1 DD DDD

広告