DDD(ディーディーディー)呪血王(じゅけつおう)サイフリート/D/D/D Cursed King Siegfried》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2800/守2200
チューナー+チューナー以外の「DD」モンスター1体以上
「DDD呪血王サイフリート」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果は次のスタンバイフェイズまで無効化される。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
自分は自分フィールドの「契約書」カードの数×1000LP回復する。

 ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・ドミネーション−で登場した闇属性悪魔族シンクロモンスター
 フィールド魔法・罠カードスタンバイフェイズまで無効にする誘発即時効果戦闘効果破壊され墓地へ送られた場合にライフ回復を行う誘発効果を持つ。

 《DDD疾風王アレクサンダー》とは逆に非チューナーDDを指定している。
 《DDナイト・ハウリング》《DDバフォメット》蘇生し、その効果《DDナイト・ハウリング》レベル4にするのが最も狙いやすいだろう。
 《DDラミア》の場合、こちらも《DDバフォメット》によるレベル操作が使える他、自身を特殊召喚して効果を使った後の《DDD疾風王アレクサンダー》シンクロ素材とする事もできる。
 DD下級モンスターレベル4が比較的多いので、《DDオルトロス》を組み合わせてもいい。

 (1)の効果フリーチェーン魔法・罠カード無効化。
 永続魔法永続罠等はもちろん、《サイクロン》《ハーピィの羽根帚》といった契約書への除去無効化できる。
 スタンバイフェイズまで無効化されるので、契約書ダメージを毎ターン0にする事もできる。
 また、《DD魔導賢者ケプラー》《DD魔導賢者ガリレイ》ペンデュラム効果無効にすることでデメリットを回避しペンデュラムスケールを維持できる。

 (2)の効果破壊され墓地へ送られた場合にフィールド契約書の数によってライフ回復を行う効果
 契約書にはダメージが発生するデメリットがあるため、それによるライフポイントの減少をいくらか軽減できる。
 破壊するプレイヤーや場所についての制約がないので、自分カード破壊したり、《神の宣告》等でシンクロ召喚無効にされ破壊された場合でも発動できる。

  • サイフリートは、ドイツの英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』の主人公「ジークフリート(Siegfried)」の別の読み方の一つである。
    「呪血」は、ファフニールという竜を倒した際に血を浴び、葉で隠れていた一か所を除き絶大な防御力を得たエピソードが由来だろうか。
    このカードにも、鎧の意匠に葉の模様を見てとれる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果が『次のスタンバイフェイズ』に切れる際、発動したプレイヤーが切れるタイミングを決められますか?
A:次のスタンバイフェイズ中の好きなタイミングまで効果適用し、発動したプレイヤー効果適用を終わらせるタイミングを決めます。(15/12/25)


Tag: 《DDD呪血王サイフリート》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星8 闇属性 悪魔族 攻2800 守2200 DD DDD

広告