DDD(ディーディーディー)制覇王(せいはおう)カイゼル/D/D/D Supreme King Kaiser》

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2800/守2100
(1):このカードがP召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドの表側表示のカードの効果はターン終了時まで無効になる。
(2):このカードがP召喚に成功したターンのメインフェイズに1度、
自分の魔法&罠ゾーンのカードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
このターン、このカードは通常の攻撃に加えて
この効果で破壊したカードの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

 V JUMP EDITION ペンデュラムVパックで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 ペンデュラム召喚に成功した時に表側表示カード無効化する誘発効果と、そのターンのみ攻撃回数を増やせる起動効果を持つ。

 ペンデュラム召喚を行うことで発動する効果を持つが、自身がレベル7と高いため、ペンデュラム召喚するにはスケール8以上のペンデュラムモンスターが必要になる。

 (1)のペンデュラム召喚時の効果相手表側表示カード無効にする効果
 自身の攻撃を通しやすくなるものの、裏側表示には対処できないために《禁じられた聖槍》等でカバーしたい。

 (2)の攻撃回数を増やす効果を使用すれば最大3回攻撃が可能となり、直接攻撃に成功すれば総ダメージ8400で1ターンキルが成立する。
 魔法&罠ゾーンカード破壊する必要があるため、ペンデュラム召喚に用いたペンデュラムモンスター2枚をそのまま破壊してディスアドバンテージを軽減しておきたい。
 その他、事前にセットしたカードを選択してこの効果チェーンして使用する、用済みになった契約書破壊する等の方法もある。
 《地獄門の契約書》と相性が良く、サーチ効果ペンデュラム召喚の補助ができる上に、そのまま破壊することで効果ダメージを受けるデメリットを踏み倒すことができる。

  • カイゼルという名の王は何人か存在するが、他のDDDの名前を考えると、モデルは「カール大帝」か「オットー1世」だろう。
    もっとも語源にあたるかつてのローマ帝国の支配者ユリウス・カエサル(英名ジュリアス・シーザー)については《DDD怒濤王シーザー》がその英名ともども既に使用している。
  • 作中にて効果を持っていたかは不明である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:(1)は、効果解決時表側表示で存在するカードに対してのみ有効ですか?
A:はい、そうです。効果処理を終えた後に表側表示で存在するようになったカードが持つ効果無効化できません。(14/08/11)

(2)の効果について

Q:(2)の効果適用され複数回攻撃できる状態の時に《禁じられた聖杯》効果モンスター効果無効にされた場合でも、自身の効果で複数回攻撃できますか?
A:はい、できます。(14/08/14)

Q:(2)の効果適用され複数回攻撃できる状態の時に裏側表示になり、そのターンにこのカードが他の効果表側攻撃表示になった場合、自身の効果で複数回攻撃できますか?
A:いいえ、裏側表示になった時点で効果適用されなくなりますのでできません。(14/08/14)

Q:(2)の効果解決時にこのカード裏側表示になり、このカード効果カード破壊されました。
  その後そのターンにこのカードが他の効果表側攻撃表示になった場合、自身の効果で複数回攻撃できますか?
A:はい、できます。(14/08/14)

Q:自分《ソウル・チャージ》発動した等バトルフェイズを行えないターン自分はこのカードの(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(17/01/09)


Tag: 《DDD制覇王カイゼル》 モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 悪魔族 攻2800 守2100 DD DDD

広告