DDD(ディーディーディー)狙撃王(そげきおう)テル/D/D/D Marksman King Tell》

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/闇属性/悪魔族/攻2300/守2000
レベル5モンスター×2
このカードは自分フィールドのランク4の
「DDD」Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):自分が効果ダメージを受けたターンに1度、
このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力を1000ダウンし、
相手に1000ダメージを与える。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を墓地へ送る。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した闇属性悪魔族エクシーズモンスター
 ランク4のDDDに重ねて出せる効果外テキスト効果ダメージを受けたターンに1度弱体化バーンを行う誘発即時効果墓地へ送られた場合にDDまたは契約書墓地へ送る誘発効果を持つ。

 ランク4のDDD《DDD怒濤王シーザー》のみだが、あちらは自身を含めた蘇生効果ダメージを受ける効果を持つため、相性がよい。
 相手ターン《DDD怒濤王シーザー》効果発動し、次のターン《DDD怒濤王シーザー》効果ダメージを受けることでこのカード特殊召喚効果発動条件が整う。
 《DDD怒濤王シーザー》エクシーズ素材にしてしまうとあちらの契約書サーチ効果が使えなくなるため、このカードを重ねるかどうかは状況に応じて使い分けたい。

 (1)の効果は、効果ダメージを受けたターンモンスター1体の攻守と相手ライフを1000削る効果
 【DD】には、契約書をはじめ関連カード効果ダメージが発生するものが多く、一見すると発動条件は満たしやすいように思える。
 しかし、フィールド《DDD反骨王レオニダス》《DDD神託王ダルク》が存在する場合には効果ダメージが発生しないため、発動条件を満たせない場合も多い。
 自分モンスター対象にできるので、状況次第ではダメージを与えるためだけに自分モンスターに使う事もできる。
 《DDD反骨王レオニダス》など、ダメージトリガーとするカードを併用し、短期決着を狙うのもいい。

 (2)の効果は、フィールドから墓地へ送られた場合にDD契約書墓地へ送る効果
 【DD】蘇生を積極的に行うデッキなので、墓地を肥やす効果は有用。
 契約書墓地へ送る事もできるが、《DD魔導賢者ケプラー》で直接サーチした方が早いので、こちらを使う機会は《DD魔導賢者ニュートン》モンスター効果を狙える場面程度だろう。

 難点としては、ランク5としては攻撃力がかなり低い事が挙げられる。
 自身の効果の都合上実質攻撃力は3300あるとはいえ、上記の通り相手ターン効果発動を狙うのは厳しいので、《戦乙女の契約書》等低めのステータスをカバーする策も用意しておきたいところ。

  • カード名の由来は、ハプスブルク家の圧政に苦しんでいた14世紀頃のスイスにいたとされる猟師「ウィリアム・テル」だろう。
    ウィリアムと彼の息子は悪代官ゲスラーに捕えられ「息子の頭に乗せられたリンゴを射抜けば解放する」という無理難題を強いられる。
    だが弓(クロスボウ)の名手であるウィリアムはリンゴを見事に射抜き逃亡、その後ゲスラーを射抜いて殺害し、スイスが独立へと向かう気運を作ったという。
    彼の実在を示す証拠はないものの、スイスでは独立の英雄として今なお国民から親しまれている。
  • このモンスターの胸部にも矢で貫かれたリンゴがあしらわれているが、海外版ではこの矢が削除されている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果攻撃力守備力が1000未満のモンスター対象に選択して発動した場合でも、ダメージを与える処理は行われますか?
A:はい、行われます。(15/04/24)

Q:(1)の効果攻撃力守備力が両方共0のモンスター対象発動できますか?
A:はい、発動でき、ダメージを与える処理も行われます。(15/04/24)

Q:ダメージステップに(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/04/24)


Tag: 《DDD狙撃王テル》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク5 闇属性 悪魔族 攻2300 守2000 DD DDD

広告