DD(ディーディー)魔導賢者(まどうけんじゃ)ニュートン/D/D Savant Newton》

ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
【Pスケール:青10/赤10】
(1):自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、
自分にダメージを与える罠カードの効果が発動した場合、その効果を無効にできる。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
「DD魔導賢者ニュートン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、「DD魔導賢者ニュートン」以外の自分の墓地の、
「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・ドミネーション−で登場した闇属性悪魔族最上級ペンデュラムモンスター
 DD以外のペンデュラム召喚を封じ、自身を破壊する代わりに自分効果ダメージを与える罠カード効果無効にするペンデュラム効果、自身を手札から捨てる事で墓地DD契約書サルベージする起動効果を持つ。

 同じスケール10の《DD魔導賢者ケプラー》と違って、ペンデュラムスケールが安定しており、DD以外を破壊するデメリットもない。
 そのため、レベルDDを毎ターン安定してペンデュラム召喚できる上に、DD以外のモンスターも気兼ねなく使える。
 またレベル7なので、破壊されてもペンデュラム召喚フィールドに戻る事ができ、融合素材などに活用できる。
 総じてペンデュラム召喚を軸とするなら、こちらの方が使いやすい。

 罠カードによる効果ダメージ無効にする(2)のペンデュラム効果も持つが、このカード自壊してしまうので使いにくい。
 そもそも契約書罠カードよりも魔法カードの方が重要度が高く、【DD】は他にもダメージ回避手段が豊富なので、あまり使う機会はないだろう。

 モンスター効果は、DD契約書サルベージする効果
 コストは自身を手札から捨てるだけなので、通常召喚権を温存できる。
 《DD魔導賢者コペルニクス》と合わせれば擬似サーチとして運用する事ができる。
 契約書を再利用しつつ、《DDネクロ・スライム》等のために墓地を肥やす事にもなる。
 また、このカード《悪夢再び》《ダーク・バースト》で手軽にサルベージできるため、これらのカードを他のDD契約書に変換させる役割も期待できる。

  • モチーフは、17〜18世紀のイングランドの物理学者「アイザック・ニュートン」だろう。
    万有引力をはじめ、慣性の法則、加速度の法則、作用・反作用の法則などを発見し、物理学の発展に多大な功績を残した。
  • イラストの右側にある「複数の振り子が並んだ装置」は、「ニュートンのゆりかご」と呼ばれる物理学の実験器具である。
    運動量保存則と力学的エネルギー保存の法則を実演する装置であり、ニュートンにちなんで名付けられた。
    右端の振り子を右から2番目の振り子にぶつけると、ぶつけられた振り子は全く動かず、不思議な事に左端の振り子が弾き飛ばされる。
    左端の振り子は戻ってきて左から2番目の振り子にぶつかるが、やはりぶつけられた振り子は動かず、今度は右端の振り子が弾き飛ばされる…という動きを繰り返す。

関連カード

収録パック等


Tag: 《DD魔導賢者ニュートン》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星7 闇属性 悪魔族 攻0 守0 スケール10 DD

広告