《DNA移植手術(いしょくしゅじゅつ)/DNA Transplant》

永続罠
発動時に1種類の属性を宣言する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上の全ての表側表示モンスターは自分が宣言した属性になる。

 暗黒の侵略者で登場した永続罠
 属性を1つ宣言して発動し、フィールド上の表側表示モンスター宣言した属性に統一する効果を持つ。

 属性を指定するカード種族を指定するものに比べると少なく、またフィールド魔法のようにお互いに影響を与えるものも多い。
 また《オネスト》《A・O・J カタストル》対象を増やす手段で使おうと考えると、相手にも同様の事が起きる。
 逆に相手のこうしたカードを防ごうと考えると、今度は自分もこれらのカードが使えなくなる。
 もちろん構築の段階からこうしたカードを抜く事で対応できるが、相手を妨害する事よりも自分の戦術を狭めた事の方が悪影響として働きやすい。
 属性を統一したデッキもやはり種族を統一したものに比べると少なく、仮に統一されていても同時に種族も統一されている場合が多い。
 このため、種族を変更する《DNA改造手術》に比べると使い道は少ない。

 自分に影響を与えるのであれば、《超熱血球児》《氷結界の決起隊》《闇魔界の戦士長 ダークソード》等とのコンボが考えられる。
 また《エレメンタル・アブソーバー》と組み合わせれば、相手攻撃だけをシャットアウトできる。
 地属性を選択すれば、《ステルスバード》《守護神エクゾード》で強烈なダメージを与え続けることが可能。
 場合によっては、《神禽王アレクトール》特殊召喚条件を満たしたり、《封魔の伝承者》効果を活かしたりする事もできる。
 カテゴリ単位で見れば、霊使いA・O・Jモンスター効果も活かしやすくなるだろう。
 《クリアー・ワールド》適用中に、相手に特定のデメリットを狙って発生させることも可能。

 相手属性を指定したシンクロ召喚エクシーズ召喚を防ぐ手段としても使える。
 特に【インフェルニティ】【セイクリッド】等は属性を指定したシンクロモンスターエクシーズモンスターが軸になっている場合が多く、それらの展開を防げるのは大きい。
 ただし、代わりに《スクラップ・ドラゴン》《始祖の守護者ティラス》を出される事もあるので、やはりコンボとしては穴が目立つ。

  • カード名の「DNA」にはルビが振られていないが、「ディーエヌエー」と読む。
  • イラストでは、全身に汗をかきつつ手術台に拘束された《サンダー・キッズ》が不安げな表情を浮かべているが、それをよそに執刀が始められる様子が描かれている。
    DNAを移植された結果風属性になったのか、風属性から新たな属性のDNAを移植されたのかは、定かでない。
  • 漫画GXの「十代vs万丈目」(2戦目)では、十代が通常魔法版と言える《エレメント・チェンジ》を使用している。
    しかし、発動したこのカードが作中に登場した際、罠カードの記述があった。

関連カード

属性を変更する効果を持つカード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:1枚目(宣言炎属性)が適用されている状態で2枚目を発動宣言地属性)した場合、どうなりますか?
A:この場合は、後から発動されたものが有効になり、地属性になります。

Q:複数の属性を持つモンスターが存在するときにこのカード発動した場合、そのモンスター属性はどうなりますか?
A:このカードで指定した属性のみとして扱います。(08/09/24)

Q:このカード神属性宣言できますか?
A:できます。(08/12/20)

Q:このカード適用中に《幻惑の巻物》発動した場合、装備モンスター属性はどうなりますか?
A:《幻惑の巻物》発動時に宣言した属性になります。(13/11/01)


Tag: 《DNA移植手術》 永続罠

広告