《DNA移植手術(いしょくしゅじゅつ)/DNA Transplant》

永続罠
発動時に1種類の属性を宣言する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上の全ての表側表示モンスターは自分が宣言した属性になる。

 暗黒の侵略者で登場した永続罠
 属性を1つ宣言して発動し、フィールド表側表示モンスター宣言した属性に統一する効果を持つ。

 《DNA改造手術》と同様、特定の属性サポートカード自分モンスターに使う場合、そのサポートカードとこのカードモンスターが揃わなければ事故になり、最初からその属性で揃えたデッキを組んだ方が良い。
 相手モンスター属性を変えてシンクロ召喚エクシーズ召喚リンク召喚を妨害する、相手モンスター属性を利用するカードとのコンボなどで利用したい。

 主な利用方法としては、【霊使い】【A・O・J】モンスター効果の補助となる。
 《クリアー・ワールド》適用中に、相手に特定のデメリットを狙って発生させることも可能。
 特定の属性相手モンスターにしか影響しない《闇魔界の戦士長 ダークソード》《封魔の伝承者》効果を活かしたりする事もできる。
 《超熱血球児》《氷結界の決起隊》など、相手の該当属性モンスターにも影響するカードとのコンボも考えられる。

  • イラストでは、全身に汗をかきつつ手術台に拘束された《サンダー・キッズ》が不安げな表情を浮かべているが、それをよそに執刀が始められる様子が描かれている。
    DNAを移植された結果風属性になったのか、風属性から新たな属性のDNAを移植されたのかは、定かでない。
  • 漫画GXの「十代vs万丈目」(2戦目)では、十代が通常魔法版と言える《エレメント・チェンジ》を使用している。
    しかし、発動したこのカードが作中に登場した際、罠カードの記述があった。

関連カード

属性を変更する効果を持つカード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:1枚目(宣言炎属性)が適用されている状態で2枚目を発動宣言地属性)した場合、どうなりますか?
A:この場合は、後から発動されたものが有効になり、地属性になります。

Q:複数の属性を持つモンスターが存在するときにこのカード発動した場合、そのモンスター属性はどうなりますか?
A:このカードで指定した属性のみとして扱います。(08/09/24)

Q:このカード神属性宣言できますか?
A:できます。(08/12/20)

Q:このカード適用中に《幻惑の巻物》発動した場合、装備モンスター属性はどうなりますか?
A:《幻惑の巻物》発動時に宣言した属性になります。(13/11/01)


Tag: 《DNA移植手術》 永続罠

広告