E・HERO(エレメンタルヒーロー) アイスエッジ/Elemental HERO Ice Edge》

効果モンスター
星3/水属性/戦士族/攻 800/守 900
1ターンに1度、自分のメインフェイズ1で手札を1枚捨てて発動する。
このターンこのカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
また、このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を破壊する事ができる。

 LIMITED EDITION 14で登場した水属性戦士族下級モンスター
 E・HEROの1体であり、直接攻撃ができるようになる起動効果と、直接攻撃によって戦闘ダメージを与えた時、セットされた魔法・罠カード破壊できる誘発効果を持つ。

 直接攻撃トリガー除去ができるものの、攻撃を通して魔法・罠カード破壊するのは簡単ではない。
 セットされたカードしか破壊できないため、既に発動しているカード破壊してアドバンテージを稼ぐのも難しい。
 《連鎖除外》《強制脱出装置》等に引っかかる可能性も十分考えられる。
 とはいえ、攻撃力の低さ故に現在多くのデッキで採用されている《奈落の落とし穴》にかからず、そのまま効果破壊してしまう事が可能である。
 本命の攻撃を通すための露払いとしてみれば悪くなく、相手が温存しておきたかった《強制脱出装置》などを下級モンスターのこのカードに使わせれば悪くない取引と言える。
 《カースド・フィグ》《心鎮壷》と組み合わせるとかなり嫌らしい使い方が出来るだろう。

 似たような効果を持ったモンスターには、同じ種族レベルで、このカードよりも能力が高い《黒蠍−罠はずしのクリフ》が存在している。
 あちらは、《収縮》等で迎撃した場合も効果発動し、表側表示魔法・罠カード破壊できる点で勝る。
 対して、手札1枚というコストが必要だが、直接攻撃することができる分こちらの方がモンスター効果の発動自体は容易と言える。
 【ネオスビート】では《E・HERO ネオス》墓地へ送ったり《E−エマージェンシーコール》の選択肢を増やしたりなど、このカードならではの運用法を考えていこう。
 HEROであり、同時に水属性であるため、《E・HERO アブソルートZero》融合素材としても使える。
 しかしそれならば《E・HERO バブルマン》がいるため優先度は下がる。

 4枚目以降の水属性E・HEROとして《E・HERO オーシャン》と比較した場合、《機甲忍者ブレード・ハート》等に対応しない点では劣るが、《ミラクル・フュージョン》と相性がいい《虚空海竜リヴァイエール》等、ランクエクシーズモンスターを選択肢に増やせる点では勝る。
 エクストラデッキのスロットの制約や、レベルがバラける分扱いはかなり難しくなるが、その代わり《バブル・ブリンガー》を採用できる利点がある。

  • 特殊召喚時の十代の台詞では、カード名が《E・HERO アイス・エッジ》となっていた。
    その回のカード画像や他のコマの台詞の表記は《E・HERO アイスエッジ》であったが、次の回ではカードの表記も台詞も全て《E・HERO アイス・エッジ》となっていた。
    そしてコミックスでは、初登場時のカードの表記や万丈目の台詞の表記も《E・HERO アイス・エッジ》に変更された。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード起動効果適用された後に《スキルドレイン》発動された場合、相手フィールド上にモンスターがいる時に直接攻撃できますか?
A:はい、直接攻撃を行うことができます。(10/12/24)

Q:このカード起動効果手札を1枚捨てるのはコスト効果どちらですか?
A:コストです。(12/02/20)

Q:このカード起動効果《クロス・ポーター》捨てた場合《クロス・ポーター》効果は発動しますか?
A:捨てたときにこのカード起動効果の処理を終えてないので、《クロス・ポーター》効果タイミングを逃す事になります。(12/02/20)


Tag: 《E・HERO アイスエッジ》 効果モンスター モンスター 星3 水属性 戦士族 攻800 守900 E・HERO HERO

広告