E・HERO(エレメンタルヒーロー) オーシャン/Elemental HERO Ocean》

効果モンスター
星4/水属性/戦士族/攻1500/守1200
(1):1ターンに1度、自分スタンバイフェイズに
自分のフィールド・墓地の「HERO」モンスター1体を対象として発動できる。
その自分の「HERO」モンスターを持ち主の手札に戻す。

 週刊少年ジャンプ(2006年35号) 付属カードで登場した水属性戦士族下級モンスター
 E・HEROの1体であり、自分HERO対象にとりフィールド上または墓地から手札戻す誘発効果を持つ。

 自分スタンバイフェイズHEROフィールドから手札戻すか、墓地からサルベージできる。
 上手く噛み合えば《E・HERO エアーマン》を複数回再利用でき、このコンボを軸にしたデッキ【オーシャンビート】である。
 ステータスが低いので、他のカードで守る、《ヒーロー・シグナル》《グリズリーマザー》リクルート相手エンドフェイズ《リビングデッドの呼び声》蘇生等の方法で効果発動を補助したい。
 《E・HERO バブルマン》《E・HERO アイスエッジ》《サルベージ》と併用し、サルベージしたモンスター手札コストに使う戦術もある。

 《E・HERO フォレストマン》と共に《E・HERO ジ・アース》融合素材になり、《E・HERO アブソルートZero》融合素材の条件の両方に対応する。
 テキストにはHEROとしか書かれていないため、D−HEROE−HEROも回収可能。
 《D−HERO ダッシュガイ》ドローフェイズにこのカード特殊召喚すれば、そのまま《D−HERO ダッシュガイ》を回収し、効果の再利用を狙える。

 難点としてはこのカードを安全に自分ターンまで守る方法。
 融合召喚M・HEROに繋ぐ【E・HERO】全般ではこのカードを残す事自体が少なく、残したとしても狙われやすい。
 《E・HERO アブソルートZero》コンボになる《融合解除》《亜空間物質転送装置》を入れて維持するか、上記にあるようにバトルフェイズ終了後に出す方法を用意しておきたい。

  • このカードOCG化以前に、漫画版GXでは既に決まっていたこのカードの効果をVジャンプ誌上で募集していた事がある。
    結果発表はなかったために真偽のほどは定かでないが、この募集がOCG版の効果に反映された可能性はある。
  • 漫画5D'sの「アキvsシェリー」戦においてシェリーが発動した罠カード魔法妖精(マジック・エルフ)の下知》のイラストに、《魔法妖精(マジック・エルフ) バーガンディ》と共に描かれている。
    「遊星vsセクト」(1戦目・2戦目)において遊星が使用した罠カード《戦士の誇り》のイラストにこのモンスターの持っている武器が描かれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果自分フィールド上に裏側表示E・HERO対象発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(10/11/03)

Q:このカードの効果自分墓地に存在する融合モンスター対象発動できますか?
A:発動できます。この場合対象となった融合モンスター手札ではなくエクストラデッキに戻ります。(10/01/16)


Tag: 《E・HERO オーシャン》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 戦士族 攻1500 守1200 HERO E・HERO

広告