E・HERO(エレメンタルヒーロー) カオス・ネオス/Elemental HERO Chaos Neos》

融合・効果モンスター
星9/闇属性/戦士族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+「N・ブラック・パンサー」+「N・グロー・モス」
自分フィールド上に存在する上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
融合デッキから特殊召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない)。
エンドフェイズ時にこのカードを融合デッキに戻し、
フィールド上に存在する全ての表側表示モンスターをセットした状態にする。
コイントスを3回行い、表が出た回数によって以下の処理を行う。
この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズ1に使用する事ができる。
●3回:相手フィールド上に存在する全てのモンスターを破壊する。
●2回:このターン相手フィールド上に表側表示で存在する効果モンスターは
全て効果が無効化される。
●1回:自分フィールド上に存在する全てのモンスターを持ち主の手札に戻す。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した闇属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの一体であり、《E・HERO ネオス》《N・ブラック・パンサー》《N・グロー・モス》トリプルコンタクト融合した姿。
 3回のコイントスにより、それぞれ異なるモンスターに干渉する効果を得る事ができる。

 3回表が出た場合の効果は、《サンダー・ボルト》と同じ。
 2回表が出た場合の効果は、1ターン限定の《D−HERO Bloo−D》
 1回しか表が出なかった場合は、全ての自分モンスターバウンスされ、自身もエクストラデッキに戻ってしまう。
 表が1回も出なかった場合は、何も起こらない。
 3回表が1/8、2回表が3/8、1回表が3/8、0回表が1/8の確率で発生する。

 ただでさえ困難なトリプルコンタクト融合にも関わらず、自分効果を選ぶ事ができず、おまけに3/8の確率で何もせずにエクストラデッキへ戻ってしまう。
 なんとかデメリットを回避しようにも、どの効果適用されるかは効果解決時に決定するため、《亜空間物質転送装置》で守ろうとするならばバウンスが確定する前に発動しておく必要がある。
 コンタクト融合の困難さに反して効果があまりにリスキーであり、明らかに割りに合っていない。
 一応、この効果《コンタクト・アウト》チェーンすればバウンス効果になったとしても融合素材手札に戻ってくるためディスアドバンテージは軽減できる上、《コンバート・コンタクト》につなげることも可能。

 いっそのことエンドフェイズ時の効果のみを目当てに出すという手もあるが、それも全てのモンスター裏側守備表示にするだけであり、当然相手は次のターンには反転召喚できてしまう。
 裏側表示モンスター相手ターンに処理する方法は《バイサー・ショック》《リビングデッドの呼び声》特殊召喚するというような手段ぐらいしか存在しないため、あまり有効ではない。
 さらにそこまでするなら《皆既日蝕の書》を使ったほうが手っ取り早いか。
 こちらの効果に対しても《コンタクト・アウト》チェーンすることにより相手ターンに無防備ではなくなる。

 このカードを出せる状況ならば《E・HERO グロー・ネオス》《E・HERO ブラック・ネオス》も出せるため、こちらが優先される事はまずないだろう。

  • コナミのゲーム作品において―
    WCS2008では混沌の世界の石碑に封印されている。
    封印を解くには《E・HERO カオス・ネオス》を特殊召喚してデュエルに勝利しなければならない。
  • テキストが曖昧であり「セットした状態にする」「以下の処理を行う」「全て効果無効化される」等、見慣れない用語が並んでいる。
    そのためか、ゲーム作品内では大幅にエラッタされている。
    「E・HERO ネオス」+「N・ブラック・パンサー」+「N・グロー・モス」
    自分フィールド上に存在する上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
    エクストラデッキから特殊召喚できる。
    エンドフェイズ時にこのカードをエクストラデッキに戻し、
    フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て守備表示でセットする。
    また、自分のメインフェイズ1に一度、コイントスを3回行う事ができる。
    表の回数によって以下の効果を適用する。
    ●3回:相手フィールド上のモンスターを全て破壊する。
    ●2回:このターンのエンドフェイズ時まで
    相手フィールド上の表側表示モンスターの効果は無効化される。
    ●1回:自分フィールドのモンスターを全て持ち主の手札に戻す。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:表側表示モンスターセットした状態にするとどうなりますか?
A:セットとは裏側守備表示という意味なので裏側守備表示になります。(07/07/31)

広告