E・HERO(エレメンタルヒーロー) クレイマン/Elemental HERO Clayman》

通常モンスター
星4/地属性/戦士族/攻 800/守2000
粘土でできた頑丈な体を持つE・HERO。
体をはって、仲間のE・HEROを守り抜く。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した地属性戦士族下級モンスター
 E・HEROの一体であり、フレイバー・テキスト通りの頑丈な守備力が特徴である。
 《地割れ》《地砕き》を使われた場合は、そのステータスによってテキスト通り仲間を守り抜く機会もあるだろう。

 守備力の高さから役に向き、レベル4以下のE・HEROの中でも場持ちが良い。
 単体ではレベル属性種族が同じで《融合》を補充できる《E・HERO フォレストマン》に劣るが、通常モンスターなのでサポートカードはこちらの方が豊富である。
 《ドラゴラド》《レスキューラビット》《闇の量産工場》等にも対応しており、2体同時に補充した際は《E・HERO ガイア》への融合召喚エクシーズ召喚に繋げることもできる。
 エクストラデッキを圧迫するのが難点だが、ランクエクシーズモンスターは全属性が満遍なく揃っており、エクシーズ召喚後の《ミラクル・フュージョン》に備えられる。
 レベル4の戦士族通常モンスターには攻撃力1900以上のモンスターがいないため、《レスキューラビット》から《機甲忍者ブレード・ハート》《H−C エクスカリバー》による奇襲を狙う場合、ステータスの高さから優先して採用できる。
 ただし現時点では属性による固有のエクシーズ召喚先が《妖精王 アルヴェルド》のみで《H−C エクスカリバー》より優先させる場面が少ない。
 《E・HERO スパークマン》《闇魔界の戦士 ダークソード》とはエクストラデッキの構成により使い分けたい。

 《ブラック・ガーデン》によるローズ・トークン1体分による蘇生に対応している。
 《V・HERO ヴァイオン》《E・HERO プリズマー》効果デッキから直接墓地へ送ることが可能なため、《ブラック・ガーデン》発動後、それらのモンスターを出し効果を使い、即座に蘇生という動きができる。
 また、《ブラック・ガーデン》効果弱体化した相手モンスター《機甲忍者ブレード・ハート》《H−C エクスカリバー》攻撃する事で大ダメージが狙える。
 ただし同様の流れは自己特殊召喚能力を持つ《E・HERO バブルマン》でも可能なので、先の《レスキューラビット》《ドラゴラド》《予想GUY》に対応する点を活かしたい。

 融合素材となる通常モンスターの中でもとなる守備力なので、【凡骨融合】では《E・HERO スパークマン》共々採用できる。
 また、【E−HERO】では、《E−HERO ヘル・スナイパー》《E−HERO ライトニング・ゴーレム》融合素材として活用できるため、戦術の核となりうる。
 《高等儀式術》儀式モンスター降臨させる際、他のE・HERO共々墓地へ送ることで、《ミラクル・フュージョン》《ダーク・コーリング》も即発動できる。

 【E・HERO】においてはこのカード融合素材として指定する融合モンスターで実用性があるものは少なく、採用するとしても属性指定型の融合モンスターに使われることの方が多い。
 だが、《E−HERO ライトニング・ゴーレム》コスト無しでモンスター破壊できるので、上記のような通常モンスターサポートカードに加えて《ダーク・コーリング》を採用しておくのも良いだろう。

関連カード

―《E・HERO クレイマン》を融合素材に指定する融合モンスター

サポートカード

―《E・HERO クレイマン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《E・HERO クレイマン》 通常モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻800 守2000 HERO E・HERO

広告