E・HERO(エレメンタルヒーロー) サンライザー》

融合・効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2500/守1200
属性が異なる「HERO」モンスター×2
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ミラクル・フュージョン」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドのモンスターの攻撃力は、
自分フィールドのモンスターの属性の種類×200アップする。
(3):このカード以外の自分の「HERO」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編6−で登場した光属性戦士族融合モンスター
 融合召喚でしか特殊召喚できない召喚制限《ミラクル・フュージョン》サーチする誘発効果自分モンスター全体強化する効果フィールドのカード破壊する誘発効果を持つ。

 融合素材属性の異なるHERO2体。
 D−HEROV・HERO闇属性統一、M・HEROエクストラデッキのみのため、必然的にE・HEROを使用することとなるだろう。
 (1)から繋がる選択肢や、(2)を活かすためにも、複数の属性を採用する【E・HERO】で真価を発揮する。
 HERO系列ならばどのデッキにも入る性能を持つ《E・HERO エアーマン》《E・HERO オネスティ・ネオス》が存在するので闇属性主体のデッキに組み込むことでも出すことは可能。

 (1)は《ミラクル・フュージョン》サーチする効果
 【E・HERO】に無理なく組み込めるサーチ手段は限られていたため有力な効果だが、エクストラモンスターゾーンに出した場合は即座に使いづらい。
 リンクモンスターを利用するか、このカード除去された後の保険に握る形となるだろう。
 融合召喚以外の特殊召喚にも対応しているため、《E・HERO グランドマン》《E・HERO Core》《ダブルヒーローアタック》といった召喚条件無視での特殊召喚でもサーチできる。
 特に蘇生の場合はエクストラモンスターゾーンが空いた状態になるため、《ミラクル・フュージョン》を使える。

 (2)は自分モンスター全体強化
 このカード自身で1種類満たすため、最低200は全体強化できる。
 属性の種類に比例して強化値は上昇するため、なるべく多くの属性を並べたい。
 《E・HERO エリクシーラー》なら1体で5属性に属し1000の全体強化が可能。
 また、HERO以外の属性も数えるため、リンクモンスター等も強化に貢献することができる。
 ただし、《摩天楼 −スカイスクレイパー−》を用いる場合、この200差のために1000アップを逃す場合もあるため、やや注意が必要。

 (3)はフィールドのカード1枚を破壊する効果
 トリガーとして他のHEROを並べることになるため、光属性以外なら(2)の効果強化された状態となり、戦闘とこの除去アドバンテージを稼ぎやすくなる。
 攻撃宣言時に発動する点を利用し、他のHEROでより高い攻撃力モンスター攻撃宣言した場合でも、それを破壊巻き戻しによって自爆を回避することが可能。
 (1)から他の融合モンスターと並べている場合、充分な攻撃力を確保できるためより安全に戦闘を行いやすくなる。
 伏せカードを露払いできる《E・HERO エアーマン》、無視できる《E・HERO ワイルドマン》も、(2)での上昇と合わせて相性が良い。

 相手攻撃宣言時にも発動できるが、相手もそのことがわかった上で、他のモンスター攻撃するとは考えにくく、このカードを真っ先に狙われるだろう。
 それを逆手に取って《オネスト》《E・HERO オネスティ・ネオス》で迎撃するのもよい。

  • 「サンライズ/sunrise」は「日の出」を意味する。
    アニメGXの初代OP曲「快晴・上昇・ハレルーヤ」を意識しているのだろうか。

関連カード

収録パック等


Tag: 《E・HERO サンライザー》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星7 光属性 戦士族 攻2500 守1200 正規の方法以外での特殊召喚不可 HERO E・HERO

広告